スキー場付近で雪崩 高校生8人心肺停止 40人けが | NHKニュース

ふむ・・・


27日午前、栃木県那須町にあるスキー場付近で雪崩が起きて登山の講習を受けていた山岳部の高校生と教員が巻き込まれ、県の災害警戒本部によりますと、生徒8人が心肺停止の状態になっています。このほか、生徒ら合わせて40人がけがをしていて、このうち2人はけがの程度は重いということで、警察と消防は、雪崩が起きた時の状況を調べています。

27日午前9時20分ごろ、栃木県那須町にある那須温泉ファミリースキー場の付近で雪崩が起きて、登山の講習を受けていた県内の高校の山岳部の生徒や教員が巻き込まれました。

県の災害警戒本部によりますと、このうち、県立大田原高校の生徒8人が心肺停止の状態になっているということです。

このほか、生徒ら合わせて40人がけがをしていて、このうち2人はけがの程度が重いということです。

県によりますと、この雪崩で行方がわからなくなっている人はいないということで、警察や消防は、雪崩が起きた時の状況を調べています。

県の教育委員会によりますと、今回の登山の講習は、25日から27日までの3日間、県内の7つの高校の山岳部の生徒と教員合わせて62人が参加して行われていました。しかし、27日の講習は、悪天候のため登山を中止し、スキー場の付近で48人が参加して雪をかきわけて進む、別の講習を行っていたということです。

那須高原に設置している観測点では、27日未明から雪が積もり始め、午前9時の積雪は33センチとなっていて、気象庁は、那須町などに大雪や雪崩の注意報を発表して注意を呼びかけていました。

「白いものがどっと」 伏せろの声

講習会に参加して雪崩に巻き込まれた男子高校生が当時の様子についてNHKの電話取材に答えました。

高校生は講習中の天候について、「おとといから雪の上に張ったテントに宿泊しながら講習に参加していた。きのうから雪が激しく降り、けさは50センチほどの積雪になっていた」と話しています。

27日の講習については「茶臼岳まで登る予定だったが、積雪が多かったため、引率した教員などが話し合い、ゲレンデのいちばん下から雪をかき分けて進む訓練に変更された。私は、こんなに多くの積雪の中で訓練をすることに不安は大きかった」と話しました。

雪崩が起きた当時の状況について、「訓練の途中に休息しようと班ごとに座り込んだときに強い風が吹いて前方が真っ白になった。すると、白いものがどっと来て、引率の教員が『伏せろ!』と声を上げた。私たちは伏せたが、体に雪をかぶった形になった。私たちなど、動ける人が周りの埋まった人を救出した。腹部が痛いと訴え、けがをした人もいた。私たちは木の下にいたため被害が少なかったが、居場所が悪かった人たちが埋もれてしまったかもしれない」と話しました。

そのうえで「講習中に教員たちは雪崩は全く想定していない様子だった。けさ積雪がひどかったので慎重に状況を見極め、講習を中止する決定をしてほしかった」と話していました。

この冬 各地で相次ぐ雪崩

この冬、各地では雪崩による被害が相次いでいます。

今月22日、群馬県片品村にある前武尊山で、スキー場のコースの外でスノーボードをしていた31歳の女性が雪崩に巻き込まれて死亡しました。
今月13日、南アルプスに登山に訪れていた45歳の女性が滑落し、同じグループの男性が救助に向かったところ2人とも雪崩に巻き込まれ、このうち女性が死亡しました。

先月25日、北海道倶知安町のニセコアンヌプリ岳で、スキー場のコースの外でスノーボードをしていた3人が雪崩に巻き込まれ、このうちニュージーランド国籍の35歳の男性が死亡しました。警察によりますと、雪崩は幅およそ200メートルに及んだということです。当時、倶知安町には雪崩注意報が出ていました。

先月13日、長野県飯山市のスキー場でパトロール中の従業員の55歳の男性が雪崩に巻き込まれて死亡しました。現場はコース外の林の中だったということです。当時、飯山市には、雪崩注意報が出ていました。

ことし1月2日、長野県白馬村の八方尾根でスキー場のコースの外で山スキーをしていた28歳の男性が雪崩に巻き込まれ、一時、意識不明の重体となりました。当時、白馬村には雪崩注意報が出ていました。

去年12月21日、秋田県東成瀬村の山で雪崩が起き近くの沢にきていた78歳の男性が巻き込まれて死亡しました。山の斜面には当時、30センチ余りの積雪があり、幅およそ5メートルにわたって崩れていたということです。

去年11月29日、富山県の北アルプス、立山連峰の室堂付近で雪崩が起き、東京工業大学のワンダーフォーゲル部の男子学生3人が巻き込まれ、このうち21歳の学生が死亡しました。本格的な冬山登山に向けた訓練中だったと見られるということです。

雪崩 春先の3月も多い

国土交通省によりますと、雪崩は、積雪が増える2月や1月の真冬の時期に特に多く発生しますが、春先の3月も多くなっていて、過去にもスキー中などに巻き込まれて死亡するケースが相次いでいます。

国土交通省砂防部のまとめによりますと、国内ではおととし11月から去年5月にかけての昨シーズンまでの10年間に合わせて168件の雪崩が発生し、死者・行方不明者は64人に上っています。

月別に見ますと、最も発生件数が多いのは、2月の74件で、次いで1月が37件と、積雪が増える真冬の時期が特に多くなっています。一方、春先の3月も35件と多く発生していて、強い寒気が流れ込んでまとまった雪が降ったり雪が降ったあとに急に気温が上昇したりして雪崩が起きることがあるということです。

このうち、去年3月26日には北海道の羊蹄山で山スキーをしていた男性が雪崩に巻き込まれて死亡したほか、3年前の平成26年3月21日には長野県小谷村のスキー場近くの山林で、スキーに来ていたグループが雪崩に巻き込まれ、男性1人が死亡しました。

また、今月も13日に山梨県早川町の南アルプスで登山をしていた男女2人が雪崩に巻き込まれ、このうち女性が死亡したほか、今月22日には群馬県片品村にあるスキー場近くの山でスノーボードをしていた女性が雪崩に巻き込まれて死亡しました。

情報源: スキー場付近で雪崩 高校生8人心肺停止 40人けが | NHKニュース

うへぇ・・・