トランプ大統領 駐日大使にハガーティー氏指名 | NHKニュース

ふむ・・・


アメリカのトランプ大統領は新しい駐日大使に政権移行チームの幹部を務めていたウィリアム・ハガーティー氏を指名すると発表しました。

これは、トランプ大統領が23日、声明を出して明らかにしたものです。

ハガーティー氏は57歳。トランプ大統領に近く、政権移行チームで閣僚や政権幹部の人事を担当する責任者を務めていました。またブッシュ政権のもと1991年からホワイトハウスのスタッフを務め、通商政策などを担当したほか、2012年の大統領選挙では共和党の候補者だったロムニー氏の陣営に加わり共和党のいわゆる主流派にも人脈があるとされています。
さらに、民間のコンサルティング会社に勤務していた当時、東京におよそ3年間滞在した経験があります。

トランプ大統領は、TPP=環太平洋パートナーシップ協定に代わる2国間の貿易協定の締結を目指していて、大統領選挙中、駐日大使について「通商政策で大きな役割を担う」と指摘し、交渉ができる実業家を起用すべきだという考えを示していました。

このためハガーティー氏は、トランプ大統領が掲げるアメリカ第一主義のもと通商政策などで日本政府との実質的な交渉役を担うことも予想されます。ハガーティー氏がアメリカ議会上院の承認を得て駐日大使に就任すれば、オバマ前政権の2期目に起用されたケネディ氏の後任となります。

指名の狙いと課題

アメリカの新しい駐日大使にハガーティー氏が指名されたことについて、日米の政府関係者の間では「トランプ大統領が信頼する人物を駐日大使に指名したのは日米関係を重視する姿勢の表れだ」という受け止めが出ています。

ハガーティー氏は、大統領選挙で去年7月からトランプ陣営に加わり政権移行チームで幹部を務め、トランプ大統領を支えてきました。このため、トランプ大統領がハガーティー氏を指名した背景には、論功行賞の側面もあるという指摘も出ています。ハガーティー氏は、ブッシュ政権のもと1991年からホワイトハウスで通商政策を担当したことがあるほか、地元テネシー州の経済開発長官などを歴任し、経済政策や貿易に精通しているとされています。

トランプ大統領は、TPP=環太平洋パートナーシップ協定に代わる2国間の貿易協定の締結を目指していて、大統領選挙中、駐日大使について「通商政策で大きな役割を担う」と指摘し、交渉ができる実業家を起用すべきだという考えを示していました。

このためハガーティー氏は、トランプ大統領が掲げるアメリカ第一主義のもと通商政策などで日本政府との実質的な交渉役を担うことも予想されます。ただ、北朝鮮の核・ミサイル問題や中国の海洋進出などアジア太平洋地域の安全保障環境が厳しさを増す中、ハガーティー氏の外交手腕は未知数だという指摘もあり、日本への着任後、その手腕が問われることになります。

“日米の経済的なパートナーシップが念頭に”

日米関係の専門家で、アメリカ外交問題評議会のシーラ・スミス上級研究員はNHKのインタビューに対し、「ハガーティー氏は共和党と強固な関係をもち、日本に滞在した経験もある。トランプ政権が安定した日米関係を築くことを優先的に考えているということだ」と評価しました。また、スミス氏は「トランプ政権は、通商政策や国内経済の活性化など経済を最優先課題に掲げている。実業家であるハガーティー氏の起用は、日米の経済的なパートナーシップが念頭にあるのだと思う」と述べ、ハガーティー氏が通商政策などで日本政府との交渉役を担う可能性があると指摘しました。

ハガーティー氏がテネシー州の経済開発長官だった際に交流があったテネシー州バンダービルト大学の名誉教授で、国防総省の日本部長などを務めた日米関係の専門家、ジェームズ・アワー氏は、NHKの取材に対して「ハガーティー氏は日本に勤務した経験があるほか、多くの日本企業が進出するテネシー州で経済問題に取り組んだ人物だ。日米関係は両国にとって有益な関係で、ハガーティー氏が駐日大使に就任すれば、両国の関係をさらに強固にするだろう」と述べ、期待感を示しました。

共和党のブッシュ政権の下、2004年から国家安全保障会議のアジア上級部長としてアジア政策を取り仕切った知日派のマイケル・グリーン氏は、NHKのインタビューに対し、「ハガーティー氏は、外交政策に精通していないかもしれないが、大使の役割はアメリカを代表し、そしてワシントンと東京とのチャンネル役を担うことだ。ブッシュ元大統領の親しい友人だったシーファー元駐日大使や、オバマ前大統領を個人的によく知るルース元駐日大使は、日本やアジアの専門家ではなかったが、『仲介役』としての役割を熟知していた。ハガーティー氏は彼らのようなタイプの大使となるだろう」と述べました。そのうえで、「ハガーティー氏の起用は日米関係にとっていいもので、非常に楽観的に見ている」と評価しました。

官房長官「大いに期待したい」

菅官房長官は閣議のあとの記者会見で、「政権移行チームで閣僚級の人事を担当するなど政治的背景もあり、トランプ大統領の信頼も非常に厚く、日本在住経験もある方だ。議会承認を得て着任され、日米同盟の強化に取り組むことに大いに期待したい」と述べました。

「気骨あふれる“アメリカ人魂”を持っている」

ウィリアム・ハガーティー氏の指名を前に、NHKはかつて仕事をともにしたことのある経営コンサルタントの堀紘一さんに話を聞きました。

堀さんは1990年代前半、アメリカに本社を置く経営コンサルタント会社、ボストンコンサルティンググループの東京オフィスで日本代表を務めていた当時、30歳前後の部下だったハガーティー氏を愛称の「ビル」と呼んで一緒に仕事をしていました。ハガーティー氏は東京オフィスで3年間勤務し、日本でのビジネス拡大を狙うアメリカ企業、合わせて20社程度の事業戦略を立案する担当マネジャーだったということです。

堀さんは当時を振り返り、「案件ごとに5人でチームを組み、彼が『このアメリカ企業のためにはこうすべきだ』と主張すると、私は『君のやり方では日本では通用しないよ』と反論し常に議論をしていた。議論を通じて折り合う地点を見出すことも多く、彼は重要な役割を担っていたと思う」と話しました。

またハガーティー氏の人柄については、「とても心が温かく、相手のためにできることがあればしてあげようという性格で周りから好かれていた。飛び抜けて仕事ができる経営コンサルタントではなかったが、総合的な魅力があるので、また一緒に仕事をしたいと思う人間だった」と述べました。

その一方で、「彼はテネシー州というアメリカ南部の田舎に生まれ地元の大学出身者で、気骨あふれる『アメリカ人魂』を持っていると感じる。誰もが大統領選挙でクリントン候補が勝つと思っていたのに、あえてトランプ氏を応援したのは、彼の『アメリカ人魂』がそうさせたのではないか」という見方も示しました。

堀さんは「彼は日本のよいところも悪いところも知っているので、アメリカと日本のよい懸け橋になってくれると思う。ホワイトハウスが日本に無理な要求を押しつけようとしたら、彼はきちんとアメリカ側を説得してくれるだろう」と期待感を示していました。

情報源: トランプ大統領 駐日大使にハガーティー氏指名 | NHKニュース

へぇ・・・