英テロ事件 新たに2人の身柄を拘束 | NHKニュース

ふむ・・・


イギリス・ロンドンの議会議事堂の近くで、男が歩行者や警察官を襲い、4人が死亡したテロ事件で、警察は新たに2人の身柄を拘束し、現場で射殺された容疑者の52歳の男との関係や動機などについて調べを進めています。

ロンドン中心部にあるイギリス議会議事堂の近くの橋で、22日、男が車で歩行者を次々とはねたあと、議事堂の前で警察官をナイフで襲い、合わせて4人が死亡し、少なくとも50人がけがをしました。

容疑者の男は、イギリス南東部ケント州生まれのハリド・マスード容疑者(52)で、現場で警察官に射殺されました。

警察によりますと、マスード容疑者の生まれた時の名前はエイドリアン・ラッセル・アジャオだということで、地元メディアは、イスラム教に改宗した際に改名したのではないかと伝えています。

警察はテロ事件として捜査していて、マスード容疑者が最近まで暮らしていたとされるバーミンガムなどを中心に20か所以上の捜索を行ったほか、7人の身柄を拘束していましたが、24日、新たに2人の身柄を拘束したと発表しました。

マスード容疑者は数年前に過激派に関係している疑いで情報機関から調査を受けていて、警察は、マスード容疑者がイスラム過激派の思想に影響を受けた可能性があると見て、身柄を拘束した9人に事情を聴くなどして、マスード容疑者との関係や動機などについて調べを進めています。

情報源: 英テロ事件 新たに2人の身柄を拘束 | NHKニュース

へぇ・・・