参院証人喚問 籠池理事長「首相夫人から100万円の寄付」 | NHKニュース

ふむ・・・


参議院予算委員会の証人喚問で、学校法人「森友学園」の籠池理事長は、安倍総理大臣の夫人の昭恵氏から、おととしの9月、2人きりの際に100万円の寄付金を受け取ったことを鮮明に覚えていると証言しました。

また、金額が異なる契約書を3種類作成したことなどについて反省し、謝罪したいという考えを示しました。

この中で、籠池氏は「ことしの4月に『瑞穂の國記念小學院』を開校できるよう頑張ってきた。私の思いに、安倍総理大臣や、昭恵夫人、大阪府議会の先生をはじめ、多くの関係者の皆さんにご理解をいただいたことは今でも本当に感謝している」と述べました。そのうえで、籠池氏は「小学校設立に夢中になって走り続けてきた途中で、多少無理をしてしまったことがあるかもしれない。結果として、契約書が3種類作成されたことや、幼児教育の指導の行きすぎなどが生じたことは、自分の至らなさを認め、反省すべき点について反省し、謝りたい」と述べました。

一方、籠池氏は「昭恵夫人に講演をしてもらったおととしの9月5日、昭恵夫人は、控室だった園長室で、同行したお付きの方に席を外すように言ったのち、私と2人きりの状態で、『どうぞ安倍晋三からです』と言って、寄付金として封筒に入った100万円を下さった。昭恵夫人は『全く覚えていない』と言っているようだが、私たちにとっては大変名誉な話なので、鮮明に覚えている」と述べ、改めて昭恵氏から寄付金を受け取ったと説明しました。

また籠池氏は、国有地の取得に関連して、「昭恵夫人に助けをいただこうと思い、おととし10月、昭恵夫人の携帯に電話した。留守番電話だったのでメッセージを残した。後日、内閣総理大臣夫人付きの、タニ・サエコさんという方から連絡をいただき、『なかなか難しい』との返事をいただいた」と述べました。

一方、国有地が鑑定価格よりも8億円余りが差し引かれたことについて、「弁護士に土地取引に関する一切の交渉をお願いしたところ、最終的に土地価格を8億円余りも値引きされた1億3400万円になったと聞いて、想定外の大幅な値下げにその当時はちょっとびっくりした」と述べました。

そして、籠池氏は、小学校の認可の手続きをめぐり、「小学校の設立に関する大阪府への申請では、亡くなった大阪府議会議長を務めた畠先生に、大阪府の松井知事や府に力添えをいただけるようお願いしていた。そのおかげで、大阪府の当時の総務部長などにも説明をさせていただき、小学校設置の認可申請では特別な取り計らい頂いたものだと感謝している」と述べました。

さらに、籠池氏は「小学校設立認可申請を取り下げたのは、顧問弁護士だった酒井弁護士の指示で、断腸の思いだ。しかし、その後、私だけを悪者にするような政府の要人や大阪府知事の対応を見て『何かおかしい』と気付き始めた。財務省の佐川理財局長の命として、部下のシマダさんが『10日間隠れていて』と弁護士に言ったことも、『何でだろう』と不思議に思っていた」と述べました。

一方、籠池氏は、問題が発覚してから籠池氏の妻に昭恵氏からメールがあったとしたうえで、「昭恵夫人から、『ご夫妻がいま大変なことは想像がつきますが、主人にとっても大変なことに巻き込まれたということも理解頂きたいと思います』とか、『私が関わったということは、裏で何かがあると疑われないように』という口止めとも取れるメールが届いた」と述べました。

最後に、籠池氏は「国有地の大幅な値引きなど、一連の経緯の真相を明らかにするためにも、私だけにトカゲのしっぽ切りで罪をかぶせようとするのではなく、こうして国会で正直にお話をさせていただくので、そのほかの関係の方を国会に呼んで事実関係をお聞きいただき、真相解明を進めてほしい」と述べました。

情報源: 参院証人喚問 籠池理事長「首相夫人から100万円の寄付」 | NHKニュース

へぇ・・・