アイヌ遺骨返還裁判で和解、北大が埋葬費用も負担 News i – TBSの動画ニュースサイト

ふむ・・・


北海道大学が研究目的でアイヌ民族の墓から掘り出した遺骨を、アイヌ団体が返還するよう求めていた裁判で和解が成立しました。

北大が研究目的で保管しているアイヌ民族の遺骨について、原告の浦幌アイヌ協会は、遺骨の返還と墓地に埋葬するための費用の支払いを求めていました。

22日の和解協議で北大は、およそ80年前に浦幌町から持ち去った遺骨など76体を返還し、埋葬費用を負担することで原告と合意しました。
「棚のようなところに放置された遺骨を、私たちの土地に持っていき、安らかに眠ってもらえる」(浦幌アイヌ協会 差間正樹 会長)

原告によりますと、遺骨は6月以降に返され、アイヌの慣習に従って埋葬される予定です。(23日04:33)

情報源: アイヌ遺骨返還裁判で和解、北大が埋葬費用も負担 News i – TBSの動画ニュースサイト

これは当然だな。