WBC 日本はきょうアメリカと準決勝 | NHKニュース

勝てよ。


野球のWBC=ワールド・ベースボール・クラシックで、2大会ぶりの優勝を目指す日本は、日本時間の22日午前10時からアメリカと準決勝を戦います。

日本とアメリカの準決勝は、日本時間の22日午前10時からアメリカ・ロサンゼルスのドジャースタジアムで行われます。

2大会ぶりの優勝を目指す日本に対し、初優勝を目指すアメリカは全員が大リーグの選手で、昨シーズンまで2年連続でホームランと打点の2冠に輝いているロッキーズのアレナド選手や3年前にホームラン王を獲得したマーリンズのスタントン選手など大リーグを代表する選手をそろえる打線は強力です。

日本の小久保裕紀監督は記者会見で、「球場の雰囲気に飲まれないことが大事。そのためにも先発投手が試合を作ることが必要だ」と話していて、まずは先発の巨人の菅野智之投手が、序盤の失点を防いで試合の流れを引き込めるかが鍵となります。

さらに小久保監督は惜しみなくリリーフの投手陣をつぎこむ考えで、総力を挙げて強打のアメリカ打線を最少失点に抑えたいとしています。

一方、アメリカの先発は昨シーズン16勝を挙げたナショナルズのロアーク投手です。日本は2次ラウンドまでの6試合で出場チーム最多の10盗塁を決めるなど、得意としている機動力を生かして相手の隙を突き、こつこつと1点を奪いにいく攻撃ができるかがポイントとなります。

小久保監督 腹はくくっている

アメリカとの準決勝を3時間半後に控えて日本代表の小久保裕紀監督が会見し、「きのうはゆっくり寝ることができた。もうここまで来たら一発勝負でやるしかないので腹はくくっている」と話しました。

情報源: WBC 日本はきょうアメリカと準決勝 | NHKニュース

決勝行こうぜ。