無登録の貸金業者起訴 震災特需の業者にも貸し付けか | NHKニュース

ハァ・・・


貸金業の登録がないまま違法な貸し付けを繰り返していたとして松山市の金融業者が東京地検特捜部に在宅起訴されました。関係者によりますと、この業者は起訴の対象以外にも、東日本大震災のがれき処理や原発事故の除染事業を請け負って急激に売り上げを伸ばした建設会社などに多額の運転資金を貸し付けていたということです。

在宅起訴されたのは松山市の金融会社「咲良コーポレーション」とこの会社を経営する花岡香被告(62)です。

東京地検特捜部によりますと、花岡被告は貸金業の登録がないのに平成24年2月からのおよそ3年間に合わせて1億9000万円の違法な貸し付けを繰り返していたとして貸金業法違反の罪に問われています。

関係者によりますと、花岡被告は起訴の対象となった貸し付け先以外にも大手ゼネコンの下請けとして震災後のがれき処理や除染事業を請け負い一時、急激に売り上げを伸ばした建設会社などに多額の運転資金を貸し付けていたということです。

NHKのこれまでの取材に対し花岡被告は「建設会社の関係者から『除染はもうかるので手伝ってほしい』と言われ融資をした」と話しています。

情報源: 無登録の貸金業者起訴 震災特需の業者にも貸し付けか | NHKニュース

馬鹿だね。