韓国 パク前大統領の事情聴取終了 | NHKニュース

ふむ・・・


韓国のパク・クネ(朴槿恵)前大統領に対して、21日午前に始まった検察の事情聴取は22日午前7時前に終了し、パク氏は、最大の財閥サムスングループから賄賂を受け取った疑いなど一連の事件について、容疑を全面的に否認したものと見られます。

今月10日に罷免された韓国のパク・クネ前大統領に対する事情聴取は、ソウル中央地方検察庁で21日午前9時35分ごろから始まり、途中、食事をとるための休憩などを挟みながら21時間以上にわたって続き、22日午前7時前に終了しました。

検察によりますと、パク氏に対する質問は21日午後11時40分に終了したということですが、その後、パク氏と弁護士が供述内容を記した調書を確認する手続きが長引いたもようです。

聴取の終了後、パク氏は検察庁から出て無言で車に乗り込み、ソウル市内の自宅へと向かいました。パク氏が帰宅する際は、出頭したときと同じように、警察の白バイやパトカーが先導し、韓国メディアはオートバイなどで追いながら移動の様子を生中継で伝えました。

パク氏をめぐっては、長年の知人、チェ・スンシル(崔順実)被告と共謀して、最大の財閥サムスングループから約束分も含めて日本円で43億円余りの賄賂を受け取った収賄の疑いや、チェ被告が深く関わる2つの財団に資金を拠出するよう企業に圧力をかけた職権乱用と強要の疑いなど合わせて13の容疑が持たれています。

パク氏の主張の具体的な内容は明らかになっていませんが、一連の事件について容疑を全面的に否認したものと見られます。

検察は、パク氏の供述内容を踏まえて、22日以降、逮捕状の請求に踏み切るのか、それとも在宅起訴にとどめるのか慎重に判断する見通しです。

情報源: 韓国 パク前大統領の事情聴取終了 | NHKニュース

どうなるかな・・・