【海外発!Breaking News】スーパーマーケットで女性が出産 長い列で待つ間に陣痛(ベネズエラ) | Techinsight

マジか。


陣痛はどこで始まるかわからないもの。このたびはスーパーマーケットで出産してしまった女性のニュースがベネズエラから伝えられた。食料品の買い物の長い列に並び、どうしてもそこから離れようとしなかったその女性。同情すべきその理由にも注目が集まっている。

ベネズエラの女性、スーパーマーケット店内で出産(出典:http://www.worldwideweirdnews.com)

予期せぬ出産騒動があったのは、ベネズエラ北西部の町コロの「Lhau Hypermarket」というスーパーマーケット。食料品を買うために長い列に並んでいた妊婦が激しい下腹部痛を訴え、床に横になったまま動けなくなり、間もなく赤ちゃんを出産してしまった。場所がら周囲は主婦がほとんどとあって誰もが彼女の手を握り、体をさすりながら励まし続けた。

母親と赤ちゃんのために人々は知恵を出し合い、必要と思われるものを寄せ集めたおかげで赤ちゃんは無事に誕生。その瞬間には大きな拍手と歓声があがったといい、その後は救急車が母親と赤ちゃんを病院へと搬送している。産後の母子にとって必要な物資は市民保護当局の職員から与えられたという。

食料品を買うにもかなりの時間がかかってしまうという今のベネズエラ。ミス・コンテストの常勝国という印象が強いこの国は今、物不足はもちろん、仕事を持ち、家庭を持つ人々を含む国民の8割が漫然とした飢えに苦しんでいる。理由は食べ物が輸入品ばかりだということ。輸入を促進すればするほど政府関係者が利益を得る仕組みとなっているため、国の生産業者が衰退。ところが外貨準備高は底を尽く寸前で、2015年の200億ドルから現在はさらに105億ドルまで落ち込んでしまったのだ。原油価格低迷もありこの国は債務不履行と経済破綻の危機に直面している。政府の長年の浪費により昨年のインフレ率は720%にも達したという。

出典:http://www.worldwideweirdnews.com

情報源: 【海外発!Breaking News】スーパーマーケットで女性が出産 長い列で待つ間に陣痛(ベネズエラ) | Techinsight|海外セレブ、国内エンタメのオンリーワンをお届けするニュースサイト

国家運営がダメすぎる、


コメントを残す