豊洲市場問題 都議会百条委 石原元知事の証人質疑始まる | NHKニュース

ふむ・・・


豊洲市場の問題を調査する東京都議会の百条委員会は20日、豊洲への移転を決断した石原元知事を証人として呼び、午後1時から質疑が始まりました。移転事業をめぐっては政策決定などの重要局面について石原元知事と当時の都庁幹部の間で主張の違いが鮮明になっていて、これらの疑問が解消されるのか焦点となります。

築地市場の豊洲への移転を決断した石原元知事に対する証人質疑は20日午後1時から都議会の百条委員会で始まりました。

石原元知事は今月3日の記者会見で移転を決断した最高責任者としての責任を認める一方、前任の青島知事時代に決められた既定路線で、都庁や都議会も了承してきたとして、責任の一端は都庁や都議会にもあると主張しています。

これに対し、当時の都庁幹部がこれまでの百条委員会で、豊洲への移転は既定路線ではなく石原都政で決められたと証言したほか、石原元知事が把握していないとする平成23年の土地の売買契約について「事前に説明したうえで、知事の了解を得た」と証言するなど主張の違いが鮮明になっています。

このため20日の質疑では、これらの証言をもとに石原元知事を追及するものとみられ、こうした疑問に加え、一連の問題の責任について最高責任者だった石原元知事がどのような見解を示すのか焦点となります。

石原元知事は午後0時20分ごろ、東京都議会に到着しました。

そして、午後1時前、濃いグレーのスーツにシルバーのネクタイを身に着けた石原元知事が、百条委員会が開かれる委員会室に入りました。開会の冒頭、石原元知事は「良心に従って真実を述べ、何事も隠さずまた何事も付け加えないことを誓います」と宣誓書を読み上げました。20日の百条委員会は、石原元知事の体調面を理由に、おおむね3時間としていた質疑時間が1時間に短縮され、石原元知事は弁護士と主治医を同席させたほか、質疑に対する証言も証言席に座ったまま行われました。委員会室に設けられたおよそ70の傍聴席は満席となりました。

石原元知事 執行責任は認める

石原元知事は、土壌汚染が問題となっていた中で豊洲への移転を決めた執行責任を認めるか問われたのに対し「当時のピラミッドの頂点にいた私が決裁をした。土壌の問題については『大丈夫だ』と言うので決裁した。その責任は認めます」と述べました。

情報源: 豊洲市場問題 都議会百条委 石原元知事の証人質疑始まる | NHKニュース

現在、承認質疑中。

ニュース同時提供中 | NHKニュース