サイの角、苦渋の切断へ=「殺害防ぐため」-チェコの動物園:時事ドットコム

えぇ・・・


【プラハAFP=時事】チェコ北部のドブルクラロベ動物園が、飼育中のシロサイやクロサイ約20頭について「サイの命を守るため」角の切断手術を行うと苦渋の決断を表明している。パリ近郊トワリーの動物園で7日、侵入者がシロサイを射殺、角を切断して逃げる事件があり「人ごとではない」とドブルクラロベ動物園の危機感は強い。

サイの角を珍奇な漢方薬や精力薬と見なす迷信が中国やベトナムでは根強い。闇市場では1キロ6万ドル(約680万円)で取引されることもある。

ドブルクラロベ動物園の報道担当者は14日、角の切断手術をいつ行うかは明らかにしなかったが「輸送や健康上の問題で角を切ったことはあるが、殺されるのを防ぐための手術は初めてだ」と述べた。(2017/03/19-19:04)

情報源: サイの角、苦渋の切断へ=「殺害防ぐため」-チェコの動物園:時事ドットコム

そこまでするか・・・


コメントを残す