築地市場 洗浄などに使う海水供給されず | NHKニュース

えぇ・・・


東京・築地市場で、床の洗浄や魚の生けすに使う海水が、17日朝から、およそ1500の水産物の仲卸業者などに供給されなくなっています。原因は、老朽化による配管の破損と見られ、復旧のめどは立っていません。

築地市場では隅田川から取った海水を、ろ過・殺菌したうえで、地面の下の配管を通して、水産物の仲卸業者の店舗などに供給し、床の洗浄や魚の生けすに利用しています。

東京都によりますと、17日午前5時前、市場業者から「海水の出が悪い」という連絡があり周辺を調べたところ、仲卸業者のエリアで海水が漏れ出ているのが見つかり、その後、およそ1500の仲卸業者の店舗などに海水が全く供給できなくなりました。

施設は56年前の昭和36年に設置され、都などによりますと、これだけの規模で供給が止まるのは、初めてだということです。現在、都が調査を進めていますが、原因は老朽化による配管の破損と見られ、復旧のめどは立っていません。

仲卸業者の組合によりますと、当面は上水道で床の洗浄をしたり、通常どおり、供給されている卸業者のエリアから海水をもらったりして、対応するしかないとして、供給の停止が長引けば、営業への影響も懸念されるということです。

築地市場をめぐっては開会中の都議会で、土壌汚染のおそれや、建物の耐震性の不足、かさむ修繕コストなどに議員からの指摘が相次ぎ、深刻な老朽化への対応を、どう進めるのかが課題となっています。

小池知事「適切な対応指示」

東京都の小池知事は記者会見で、築地市場で床の洗浄などに使う海水が17日朝から、水産仲卸業者の店舗などに供給されないトラブルについて、「現に営業しているだけに緊急な措置が必要になってくる。それと同時に、工事がどれくらいかかるか、見極めないといけない。営業に迷惑をかけないように適切に対応するよう関係局に指示した」と述べました。

情報源: 築地市場 洗浄などに使う海水供給されず | NHKニュース

復旧した模様。

築地市場 洗浄や生けすに使う海水供給が復旧 | NHKニュース


「築地市場 洗浄などに使う海水供給されず | NHKニュース」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。