「タコ箱オーナー権」復活 小平で6年ぶり 水揚げ回復傾向で | どうしんウェブ/電子版(暮らし・話題)

ほぉ・・・


【小平】留萌管内小平町で、タコ漁に使うタコ箱のオーナーが取れた分のタコをもらえるという企画が6年ぶりに復活する。タコが手に入るかどうかは「タコまかせ」というギャンブル性が受け、初めて行った2007年には、オーナー権の当選倍率が200倍以上となった「伝説」のイベント。水揚げは回復傾向にあり、漁獲は期待以上かも―。

この企画は同管内のミズダコを知ってもらおうと07年に旧留萌支庁(現留萌振興局)が始めた。1回の引き揚げで箱に入っている確率は1割以下だが、07年は100箱の募集に対し、2万2460人の応募があった。ただ不漁などの影響で11年を最後に取りやめていた。

漁は6月下旬~7月上旬と7月下旬~8月上旬の2期間で、引き揚げは各3回行う。オーナー権は1箱1万円。2期間とも150箱ずつ募集する。

申し込みは4月3日から5月9日までで、専用ページhttps://choiperi.jp/takobako/のみで受け付ける。

情報源: 「タコ箱オーナー権」復活 小平で6年ぶり 水揚げ回復傾向で | どうしんウェブ/電子版(暮らし・話題)

へぇ・・・