100キロの体育館外壁落下、教諭下敷き大けが : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

マジか・・・


17日午前11時半頃、茨城県古河市中田新田の県立古河第三高校で、体育館の屋根付近の外壁に使われているモルタルの一部が落下。

付近を歩いていた男性教諭(53)が下敷きとなり、頭蓋骨や肋骨ろっこつを折るなど大けがをした。古河署の発表によると、落下したモルタルの塊は縦約90センチ、横約6メートルで、重さ約100キロ。体育館は建設から約45年がたっていたという。

情報源: 100キロの体育館外壁落下、教諭下敷き大けが : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

老朽化か?


コメントを残す