吉野家“介護食”に!噛む力弱くなっても牛丼OK:イザ!

ふむ・・・


「吉野家」初の試食会で提供された、高齢者にも食べやすい「吉野家のやさしいごはん」=15日、東京都江東区(柳原一哉撮影)

牛丼チェーン「吉野家」は、嚥下(えんげ)力が低下するなどした高齢者にも食べやすい牛丼の具材「吉野家のやさしいごはん」を開発し、15日から東京ビッグサイト(東京都江東区)で始まった介護用品などの展示会「CareTEX(ケアテックス)2017」で初の試食会を開いた。

高齢になると特に咀嚼(そしゃく)や嚥下の機能が低下し、喉詰まりなどの事故の危険性が高まる。通常の食事が取りづらくなるが、高齢者の中には働き盛りの頃に慣れ親しんだ“ヨシギュウ”をもう一度食べたいという需要が根強くあるという。

このため同社は市中の店舗で食べる味をそのままに、弱い力でも噛める具材を開発。具材を小さくしているが肉の形も残っている「やわらかタイプ」と、舌ですり潰せるまで具材を刻んだ「きざみタイプ」の2タイプを用意した。

高齢者にも食べやすい「吉野家のやさしいごはん」=15日、東京都江東区(柳原一哉撮影)

特にきざみは肉が原形をとどめめておらず、どろどろのおかゆに合わせてもスプーンで食べられるようになっている。

両タイプとも食塩相当量0.9グラムと塩分を抑制。味は吉野家らしさを残した印象だ。

同社は1食単位に小分けにした冷凍食品として、介護施設などを対象に出荷し、年間7百万食の販売を目指す。

この日、初お目見えの吉野家ブースは試食に並ぶ行列でにぎわい、「お店の味と変わらない」という声が聞かれた。同社の担当者は「外食の味を施設でも手軽に楽しんでもらえると思う。施設内のイベントなどのシーンで利用してもらえれば」と語った。

高齢者にも食べやすい「吉野家のやさしいごはん」の初の試食会=15日、東京都江東区(柳原一哉撮影)

(WEB編集チーム)

  2017/2/1「吉野家のやさしいごはん」発売のお知らせ

情報源: 吉野家“介護食”に!噛む力弱くなっても牛丼OK:イザ!


介護食で外食の味を | 高齢者 | NHK生活情報ブログ:NHK

プラス、介護福祉施設専用デリバリーサービス「スマート介護」で「吉野家のやさしいごはん 牛丼の具」の先行販売開始|PLUS プラス株式会社/PLUSグループ

吉野家、介護食に参入 施設向けに「牛丼の具」販売開始 年間700万食目指す of 介護のニュースサイト Joint


ほぉ・・・