「旋風」巻き起こしたイスラエル、日本に敗れて終わった“驚くべき旅” (中央日報日本語版) – Yahoo!ニュース

他の国の学生野球は知らないが・・・


イスラエルがワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で“驚くべき旅”を終えた。

イスラエルは15日、東京ドームで開かれたWBC2次ラウンド最後の試合で日本に3-8で敗れた。2次ラウンドで1勝1敗となったイスラエルはこの日、日本を4点以上で勝たないと決勝ラウンドへの進出に向けたプレーオフが不可能な状況だった。しかし、日本との対戦で敗れることで2次ラウンドの最終成績は1勝2敗となり、日本(3勝)-オランダ(2勝1敗)に続き、3位にとどまった。イスラエルは組2位まで与えられる決勝ラウンドへの進出に失敗し、今回のWBC大会を終えた。

イスラエルは9月、米国で開かれた予選ブルックリンラウンドを通過して初めて本戦進出に成功した。自国にリーグがないだけに、ユダヤ人の両親に育てられた米国人野球選手が中心となっている。大リーグ通算124勝を誇るジェイソン・マーキーと通算81ホームランを誇るアイク・デービスが目立っただけで、ほとんどがマイナーリーグ選手で構成されている。戦力が知られておらず「鬼チーム」と評価されてきた。

だが、ふたを開けてみたところ、イスラエルは強かった。イスラエルのウェインスタイン監督は「短期戦はマウンド戦い」という俗説に忠実だった。28人のエントリーに投手だけで16人を選抜した。13人を選んだ韓国、台湾、オランダに比べて3人がもっと多かった。ウェインスタイン監督は大会を控えて「短期戦ではマウンド戦いで勝たなければならない」とし「我々は様々な投手を保有している。これは我々にとって特別な経験になるだろう」と善戦を自信した。

ウェインスタイン監督の戦略は的中した。彼は、韓国と1次ラウンドA組の初対戦で勝利を収めるために、クローザーのジョシュ・ゼイドに3イニングを任せる戦略を駆使し、ついに勝利を収めた。打線が早くも爆発した台湾との対戦では、相手が追撃してくると多様な類型の投手を投入して攻撃の流れを切り替えた。A組最強戦力とされているオランダは「投手1イニング」カードを取り出した。投手エントリーを最大限活用して「不慣れ」でオランダ打線を相手にした。作戦は大成功。3連勝で組1位に上がり、東京行き飛行機に上った。

イスラエルの旋風は2次ラウンドまで続いた。イスラエルは最初の試合で出会ったアマチュア野球最強チームのキューバを4-1で制圧した。ウェインスタイン監督は、3-1でリードしている中でスクイズバントを指示し、追加点を得点する作戦野球まで駆使した。オランダと日本に相次いで敗れることで決勝ラウンドへの進出が頓挫したが、イスラエルの今回の旋風は野球の世界化を目指すWBC大会の目的を十分に達成したと評価されている。

イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は8日、自身のSNSに韓国高尺(コチョク)ドームでイスラエルの国家を歌っている代表チームの動画を掲載した。そして「イスラエル代表チームは韓国で開かれたWBCで成功的に“驚くべき旅”を続けている」とし、「我々はいつも一緒にするだろう」という励ましのメッセージを書き込んだ。世界の野球ファンに大きな響きを与えたイスラエル野球は“驚くべき旅”を終えた。

情報源: <WBC>「旋風」巻き起こしたイスラエル、日本に敗れて終わった“驚くべき旅” (中央日報日本語版) – Yahoo!ニュース

甲子園なんて、典型的なトーナメント式だしな。
ある意味、慣れているというか・・・