【海外発!Breaking News】5歳から8歳の男児3人、動物園のフラミンゴを虐待死させる(チェコ) | Techinsight

どういうことだよ・・・


このほど、チェコ共和国のイフラヴァ動物園で8歳を筆頭に6歳と5歳の男児3人が、動物園のフラミンゴに暴力行為を働き死なせるという事件を起こした。MetroHeat Streetが報じている。

男児3人がフラミンゴに暴力を振るい殺害(出典:http://metro.co.uk)

チェコ共和国のイフラヴァ市にあるイフラヴァ動物園で、痛ましい悲劇が起きた。5歳と6歳、そして8歳の男児ら3人が動物園の柵を乗り越え、棒や石をアメリカン・フラミンゴに投げつけて襲撃したのである。

3人の男児はものを投げつけるだけでは済まず、蹴るなどの暴力を振るい、挙句の果てにフラミンゴを殺すという残虐な行為に及んだ。暴行する男児らを見つけた飼育スタッフが止めようとしたところ、3人は逃げ去ったという。

暴力を振るわれたうちオスとメスの2羽のフラミンゴは重傷で、別の16歳のオスのフラミンゴは蹴られた際の骨折で出血し死亡した。このオスは、2002年8月にプラハ動物園が大きな洪水被害に遭った際、無事に生き延びたフラミンゴでもあった。他のフラミンゴもアザや暴行時の傷を負っており、動物園の獣医によると助かるかどうかわからないものもいるという。

動物園から森の方へ逃げ去ったと思われた男児らだったが、防犯カメラを足掛かりとして警察が市内のヤコブ広場にいた3人を発見し拘束した。男児らは自治体警察に話をすることを拒否したため、自治体警察が州警察を呼んだ。しかしながらフラミンゴを襲った動機に関しては明かしておらず、イフラヴァ動物園のスポークスマンによると3人はフラミンゴを襲い死なせたことに対して反省の色を全く見せていないという。

現在も警察による捜査が進められており、男児らの両親が損害賠償などを支払わなければならない可能性は十分にあるとされている。世間では、無抵抗な動物を残虐な行為で殺害する者たちへの批判は厳しい。今回も「こんな小さな子たちが平気で動物を残酷に殺すなんて…この世界で生きるのが嫌になってしまう」「最悪の子供だわ。こういう子供たちが大人になってもっと酷いことをするのよ」「でも、こうした子供にちゃんと教えを説かない大人も悪いのでは」「この子たちの家庭環境に問題があると思う」「暴力を振るわれる生き物がかわいそう過ぎ」といった声があがっている。

出典:http://metro.co.uk

情報源: 【海外発!Breaking News】5歳から8歳の男児3人、動物園のフラミンゴを虐待死させる(チェコ) | Techinsight|海外セレブ、国内エンタメのオンリーワンをお届けするニュースサイト

ひどい・・・