タイの空港で荷物からサイの角50キロ 密輸の疑い | NHKニュース

多量だな・・・


タイの空港で旅客機の荷物から国際的な取り引きが禁止されているサイの角およそ50キロが見つかり、警察は密輸に関わった疑いで現場から立ち去った2人の女の行方を追っています。

タイの税関当局などは14日会見を開き、首都バンコクの国際空港で21本のサイの角、合わせておよそ50キロを押収したことを明らかにしました。押収されたサイの角の密売価格は日本円にしておよそ5億円相当に上り、タイで押収された量としては、この5年から10年で最大規模だということです。

税関当局によりますと、今月10日、東アフリカのエチオピアから到着した便に預けられた荷物を、別の便で到着した2人のタイ人の女が受け取りに来たため、職員が不審に思い中を確認したところ、サイの角が見つかったということです。2人の女は、職員が荷物を確認していた時にその場を立ち去ったということで、タイの警察は、密輸に関わった疑いで行方を追っています。

絶滅のおそれがあるサイは、ワシントン条約で国際的な取り引きが禁止されていますが、ベトナムや中国ではサイの角が薬になるとして高値で売買されています。このため、主な生息地のアフリカでは角などを目的にしたサイの密猟があとを絶たず、生息数の減少が大きな問題となっています。

情報源: タイの空港で荷物からサイの角50キロ 密輸の疑い | NHKニュース

うへぇ・・・


コメントを残す