“問題生徒”のリスト 中学校が地域に配付 埼玉 熊谷 | NHKニュース

へぇ・・・


埼玉県熊谷市の中学校が、問題行動がある生徒などの情報を地域で共有したいとして、生徒13人の名前が書かれた資料を地域の自治会長などに配布していたことがわかりました。熊谷市教育委員会は「個人情報の取り扱いに注意が必要だった」としています。

熊谷市教育委員会によりますと、市立熊谷東中学校では、ことし1月、地元の自治会長などが集まる会議を開いた際、問題行動があったり不登校だったりする生徒の情報を地域で共有したいとして、1年生から3年生までの生徒13人の名前が書かれた資料を配布しました。

このうち5人は住所も記されていたほか、顔写真も添えられ、「学力が低い」「暴力的な言葉を使う」などと、学校での様子などが書かれていたということです。

会議には、自治会長のほか、児童委員や小学校のPTAの会長など17人が出席し、ほとんどの人が配布された資料を持ち帰ったということです。

会議の翌日、子どもの名前が資料に書かれた保護者から苦情が寄せられ、学校は資料を回収したということです。
熊谷市教育委員会は「個人情報の取り扱いに注意が必要だった。非行防止のため地域に現状を伝えることは必要だが、個人情報をどこまで示すのかは、今後検討したい」としています。

情報源: “問題生徒”のリスト 中学校が地域に配付 埼玉 熊谷 | NHKニュース

ふむ・・・