森友学園の小学校 工事契約書は偽造か 府が告訴・告発も | NHKニュース

なんだと・・・


学校法人「森友学園」が建設していた小学校について、設計事務所は国の調査に対し、「大阪府に提出されたおよそ7億5000万円の契約書は知らない」と話しています。一方、契約書にはこの設計事務所の印鑑が押されていたということで、大阪府は、偽造された可能性もあると見て、捜査機関への告訴や告発も検討することにしています。

大阪の学校法人「森友学園」は、豊中市の元の国有地に建設していた小学校について、国におよそ23億8000万円の工事の契約書を提出した一方、大阪府にはおよそ7億5000万円、大阪空港の運営会社にはおよそ15億5000万円の、金額の異なる契約書を提出していました。

3つの契約書は、契約日や工期などはすべて同じになっていました。

校舎の設計を担当した京都市にある設計事務所は、国土交通省の調査に対し、国に提出された契約書が正しいものだとしたうえで、「大阪府に提出された、およそ7億5000万円の契約書は知らない」と話しています。

一方、大阪府によりますと、府に提出された契約書には、この設計事務所の印鑑が押されていたということです。

大阪府は、契約書が偽造された可能性もあると見て、森友学園の関係者に詳しい説明を求めたうえで、捜査機関への告訴や告発も検討することにしています。

 

情報源: 森友学園の小学校 工事契約書は偽造か 府が告訴・告発も | NHKニュース

マジかよ。