Adobe、「Adobe AIR 25」を正式リリース ~“Android TV”を正式にサポート – 窓の杜

ふむ・・・


モバイル版「Adobe AIR」のインスタンス描画機能がデスクトップ版でも利用可能に

「Adobe AIR 25」

米Adobe Systems Incorporatedは14日(現地時間)、「Adobe AIR」の最新版「Adobe AIR 25」(コードネーム:Webster)を正式公開した。現在、同社のWebサイトから無償でダウンロードできる。

「Adobe AIR 25」では、“Android TV”が正式にサポートされた。またAndroid関連では、古いビデオパイプラインへフォールバックするオプションの追加、“StageWebView”におけるローカルストレージのサポート、“Multidex”への対応により64Kを超えたメソッドが利用可能になるなどの改善も盛り込まれている。

一方、iOS関連では「iOS 10 SDK」へのアップグレードが行われた。また、コンパイル情報を取得するAS3 APIが追加された。

そのほかにも、オフセットを指定したビットマップの描画に対応。モバイル版「Adobe AIR」のインスタンス描画機能がデスクトップ版でも利用できるようになった。位置や大きさを変えただけのオブジェクトを一度にたくさん描画したい場合などに役立つ。

関連リンク

情報源: Adobe、「Adobe AIR 25」を正式リリース ~“Android TV”を正式にサポート – 窓の杜

へぇ・・・


コメントを残す