Adobe、「Adobe Flash Player 25」を正式公開。7件の脆弱性を修正する月例更新 – 窓の杜

ほぉ・・・


Linux版でカメラおよびマイクのアクセス権限コントロールが改善

「Adobe Flash Player」v25.0.0.127

米Adobe Systems Incorporatedは14日(現地時間)、「Adobe Flash Player」の最新版v25.0.0.127を公開した。本バージョンは定期的にリリースされるメジャーアップデートで、いくつかの機能追加と既存機能の改善が行われている。

「Adobe Flash Player 25」(コードネーム:Webster)では、Linux版でカメラおよびマイクのアクセス権限コントロールが改善。「Adobe Flash Player 24」でWindows/Mac版に導入された、ドメインごとにカメラおよびマイクの利用可否を決定するオプションや、HTTPS接続か否かでアクセス権限を設定する機能がLinux版にも導入される。

なお、本バージョンでは脆弱性の修正も行われているので注意。

同社が公開したセキュリティ情報(APSB17-07)によると、今回修正された脆弱性の件数はCVE番号ベースで全7件。深刻度は同社基準で4段階中最高の“Critical”で、最悪の場合、攻撃者にシステムを乗っ取られる恐れがあるという。

これらの脆弱性はWindows、Mac、LinuxおよびChrome OS環境の「Adobe Flash Player」v24.0.0.221およびそれ以前のバージョンに影響する。同社は、Linux版を除くすべてのプラットフォーム版で更新プログラムの適用優先度を“1(72時間程度以内を目安とした可能な限り迅速なアップデートが必要)”とし、なるべく早いアップデートを推奨している。

「Adobe Flash Player」の最新版は、現在同社のWebサイトから無償でダウンロード可能。自動更新機能が有効になっていれば、通常24時間以内に自動でアップデートされる。

なお、Windows 8.1の「Internet Explorer 11」用、およびWindows 10の「Internet Explorer 11」「Microsoft Edge」用の「Flash Player」の最新版は“Windows Update”を通じて提供される。また、「Google Chrome」用の「Flash Player」は、「Google Chrome」のアップデートやコンポーネントアップデーターにより自動で最新版へ更新される。

関連リンク

情報源: Adobe、「Adobe Flash Player 25」を正式公開。7件の脆弱性を修正する月例更新 – 窓の杜

ふむ・・・