WBC 日本がキューバ破り2次ラウンド2連勝

次も勝って、完全勝利で決勝トーナメントに行こう。


「WBC・2次リーグE組、日本8-5キューバ」(14日、東京ドーム)

日本が執念の粘りで逆転勝ちを決めた。3度リードされる苦しい展開でも攻撃陣が奮闘。1番に戻った山田(ヤクルト)が先頭&ダメ押しの2本塁打。4番・筒香(DeNA)が3安打2打点の活躍で、1次リーグから無傷の5連勝を飾った。

小久保監督は「オランダ戦(12日)に引き続き、非常に厳しいゲームでしたけど、打線が粘って逆転してよかったです」と喜んだ。

まずは初回、先頭の山田が左翼越えにソロ本塁打を放った。WBCで日本代表選手の先頭打者本塁打は、第1回(2006年3月12日・米国戦)のイチロー、第3回(2013年3月10日・オランダ戦)の鳥谷敬に次いで3人目。先手を取った。

だが、先発の菅野(巨人)が乱調。二回に逆転の2ランを浴びるなど、4回7安打4失点でKOされた。リードされる展開で筒香は三、五回と同点に追い付く中前適時打を放ち、見事に4番の仕事を果たした。さらに1点ビハインドの六回には、打撃好調の小林(巨人)が左前適時打。

ハイライトは同点で迎えた八回だ。1死から松田(ソフトバンク)が、一塁手の失策で出塁。続く秋山(西武)が左前打で一、三塁。ここで「ラッキーボーイ小林に代打は勇気いったんですけど」(小久保監督)と、迷いながら代打に内川(ソフトバンク)を送った。内川はカウント1-2から4球目、右犠飛で勝ち越しを決めた。さらに続く山田が初球、この日2本目となるダメ押しの2ランで勝利を決めた。1試合2発は第3回(2013年3月12日・オランダ戦)の阿部以来、2人目。

投手陣は平野(オリックス)、増井(日本ハム)、松井(楽天)、秋吉(ヤクルト)、牧田(西武)と必死のリレーでつないだ。日本はこれで2次リーグに連勝。最低でもプレーオフに進出できることが確定した。

1、2次リーグ全勝と準決勝進出がかかる15日・イスラエル戦に指揮官は「今日までのことは過去なんで明日勝ちにいきます」と超満員のスタンドに約束した。

情報源:侍ジャパン、執念の逆転勝ち 小久保監督迷って出した代打・内川が決勝犠飛/野球/デイリースポーツ online


野球の国・地域別対抗戦、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は14日、2次リーグE組の1試合を東京ドームで行い、12日のオランダ戦で先勝している日本は1敗のキューバと対戦。一進一退の攻防の末、8―5と競り勝ち、2勝とした。

後攻の日本は初回、先頭の山田(ヤクルト)のホームランで幸先良く先制。しかし二回表、先発の菅野(巨人)が2ランを浴び逆転された。

試合は一進一退の攻防に。三回裏には2打席連続安打の山田を三塁に置き、2死から筒香(DeNA)がセンター前に運んで同点。だが直後の四回表、菅野が満塁のピンチを招き、2死から適時打を許し2点を勝ち越された。

追う日本は五回裏、無死一、二塁のチャンスをつくり、1死二、三塁で青木(アストロズ)の内野ゴロの間に走者が生還、筒香が中前打で続いて追い付いた。

六回、日本はいったんリードを許すも直後のその裏、松田(ソフトバンク)の振り逃げによる出塁を糸口に小林(巨人)の適時打につなげて同点とした。そして八回、1死一、三塁で代打・内川の犠牲フライで勝ち越すと、続く山田のこの日2本目のホームランで3得点と突き放した。最終回は牧田(西武)が締めた。

日本は15日にイスラエルと対戦。2次リーグの上位2チームが米ロサンゼルスで行われる準決勝へ進む。

情報源:日本、キューバ下し2勝目 WBC2次リーグ  :日本経済新聞


野球のWBC=ワールド・ベースボール・クラシックの日本代表は14日夜、東京ドームで行われた2次ラウンドの第2戦でキューバと対戦し、8対5で勝って2連勝とし、準決勝進出に前進しました。

日本は、先発した巨人の菅野智之投手が4回4失点と粘れませんでしたが、2点を追う5回に4番のDeNA、筒香嘉智選手のタイムリーヒットなどで同点に追いつきました。
その後は両チーム1点ずつ追加し、8回、代打のソフトバンク、内川聖一選手の犠牲フライで勝ち越し、ヤクルトの山田哲人選手のツーランホームランでキューバを突き放し、8対5で勝ちました。

2次ラウンド2連勝の日本は、これで準決勝進出に大きく前進しました。

小久保監督「打線のふんばりで勝ち越し」

2次ラウンド2連勝とした日本代表の小久保裕紀監督は「オランダ戦と同様、苦しいゲームだったが、打線がふんばって最後に勝ち越してくれて本当によかった」と話しました。

同点の8回に、打撃好調の巨人の小林誠司選手にソフトバンクの内川聖一選手を代打で送り、犠牲フライで勝ち越した場面については、「ラッキーボーイの小林に代打を送るのは勇気が必要だった。ただ、ソフトバンクでは4番を打っている内川が代打でも文句を言わずにチームのために全身全霊で戦っている姿にチームも勇気づけられた」と話しました。

そして、15日の第3戦に向け、「きょうまでのことはもう過去のことなので、とにかくあすの試合を勝ちに行くだけ」と気を引き締めていました。

山田選手「最高の結果」

1番指名打者で先発出場し、ホームラン2本を含む4打数3安打3打点をマークしたヤクルトの山田哲人選手は、「自分のスイングができたので本当によかったし、最高の結果になってよかった。チームは世界一を目指しているが、あすも試合があるので、まずは目の前の相手を倒していきたい」と話していました。

また、同点の8回に代打で出場し、勝ち越しの犠牲フライを打ったソフトバンクの内川聖一選手は「きょう2本のヒットを打っていた小林選手の代打だったので、相当な覚悟を持って打席に臨まないといけないと思った。欲を言えばヒットがよかった」と振り返りました。
そして、「あすもどういう場面で出場するかわからないが、行けと言われたところで結果を出せるように頑張りたい。世界一を取り返すことを目標にチームはスタートしているので、一員として貢献したい」と話しました。

日本が準決勝に進出するには

WBCの東京ドームで行われている2次ラウンドは、14日の時点で、各チーム2試合ずつを終え、日本が2勝、オランダとイスラエルがともに1勝1敗、キューバが2敗となり、日本は最低でもプレーオフに回ることになり、準決勝進出へ最も優位な状況に立ちました。

15日正午からの第1試合、キューバ対オランダの試合でオランダが敗れた場合には、この時点で日本の2位以内が確定し、日本の準決勝進出が決まります。
また、第1試合の結果にかかわらず、日本が午後7時からの第2試合でイスラエルとの試合に勝てば3連勝となり、このグループ1位で、準決勝に進出します。

第1試合にオランダが勝って、第2試合で日本がイスラエルに敗れると、オランダ、日本、イスラエルの3チームが2勝1敗で並びます。その場合は大会の規定で、当該チームどうしの対戦で1イニング当たりの失点数を表す失点率が1番低いチームがグループ1位となって準決勝進出が決まります。失点率で2位と3位になったチームは16日にプレーオフを戦い、勝ったチームがグループ2位で準決勝に進出します。

情報源: WBC 日本がキューバ破り2次ラウンド2連勝 | NHKニュース


次も勝てよ。