トランプ政権 オバマケア改廃で無保険者急増 米議会が試算:イザ!

ふむ・・・


【ワシントン=小雲規生】米議会予算局(CBO)は13日、下院共和党が主導している医療保険制度改革(オバマケア)の改廃法案が成立した場合、2018年の無保険者数がオバマケア継続の場合に比べて1400万人増えるとの試算を発表した。26年段階では2400万人増になるとしている。民主党からは法案撤回を求める声が上がっている。

CBOは18年の無保険者数の増加について、個人への保険加入義務が撤廃されることが主な要因だと説明。また26年段階の増加はオバマケアで実現した各州にメディケイド(低所得者向け公的医療保険)の対象者拡大を促す制度が改廃法案では凍結されることなどが影響すると分析した。

CBOは制度変更に対する保険加入者や保険会社などの反応を予測することは難しいとしながらも、「起こりえる多様な結果のうち中間的なものを予測するよう努めた」としている。

民主党のペロシ下院院内総務は試算を受けた13日の記者会見で、「共和党は改廃法案を撤回するべきだ」と要求。シューマー上院院内総務はトランプ大統領がオバマケア改廃を後押ししてきたことに触れ、「トランプケアは悪夢となる」と批判した。

一方、プライス厚生長官は13日の記者会見で、CBOの試算について「信用できない」と批判。CBOはトランプ政権が検討中の保険料引き下げのための規制改革などを考慮していないなどと指摘した。

情報源: トランプ政権 オバマケア改廃で無保険者急増 米議会が試算:イザ!

へぇ・・・


コメントを残す