ゲーム機やコミックばかり狙い“空き巣”か|日テレNEWS24

マジかよ。


今年1月、東京・葛飾区のアパートに侵入しゲーム機2台とコミック計35点、約4万6000円相当を盗んだとして自称・大工の鈴木成男容疑者が逮捕された。買い取り業者に売っていたとみられ「14年6月から神奈川や埼玉、茨城、千葉でやっていた」と供述。

ゲーム機やコミックばかりを狙い、空き巣を繰り返していたとみられる男が警視庁に逮捕された。

窃盗などの疑いで逮捕されたのは自称・大工の鈴木成男容疑者(36)。警視庁によると、鈴木容疑者は今年1月、大学院生が住む東京・葛飾区のアパート1階の部屋に窓ガラスを割って侵入し、「ニンテンドー3DS」などゲーム機2台とコミック、合わせて35点、約4万6000円相当を盗んだ疑いが持たれている。

鈴木容疑者はゲーム機やコミックばかりを盗んでは買い取り業者に売っていたとみられ、「2014年6月から神奈川や埼玉、茨城、千葉でやっていた」と供述しているという。

都内ではゲーム機などが盗まれる空き巣被害が2015年以降20件以上起きていて、警視庁が関連を調べている。

情報源: ゲーム機やコミックばかり狙い“空き巣”か|日テレNEWS24

よく今まで捕まらなかったな。