広島「ウサギの島」観光客倍増 えさやり禁止を呼びかけ:朝日新聞デジタル

ふむ・・・


「ウサギの島」。外国人観光客らにこう呼ばれ、人気を集める周囲4キロほどの小さな島が瀬戸内海にある。広島県竹原市の大久野島。野生のウサギと出会えるスポットとして、来訪客はここ10年で約2倍に増加。島を管理する休暇村は、道路周辺でのえさやり禁止を呼びかける看板を増やすなどして、環境と観光の両立を図っている。

本土側の港から船で15分。桟橋から島にあがると、白や茶色のウサギが10匹以上駆け寄ってきた。ふんわりとした毛並みは、モフモフ感たっぷり。島には現在、野生のアナウサギ700羽以上が生息すると推定されている。

島は1929年から終戦まで、旧陸軍の毒ガス工場があった。戦後は工場跡を米軍が弾薬庫として利用。57年に日本へ返還され、63年には休暇村が開業。観光開発が進められてきた。

なぜウサギがいるのか。71年に地元の小学校で飼っていた8羽が放され、野生化した説が有力という。環境省大久野島ビジターセンターによると、2007年は約300羽だったが、13年の調査では約700羽に。その後も増え続けているとみられる。

次第にウサギ好きの人気スポットとして知られるようになり、近年は外国人観光客が動画や投稿をユーチューブやブログに相次ぎ掲載。「Rabbit Island」と紹介され、知名度を上げた。島を訪れる観光客は05年の約13万6千人から、15年には過去最多の約25万4千人に増加。うち外国人客は約1万7千人で、13年の約45倍と急増している。

2月上旬、島を訪れていた兵庫県姫路市の藤原未貴さん(31)は「ネットでみたウサギの動画が可愛くて来ました。癒やされます」と話した。

来訪者が増えると、ウサギに道路上でえさを与えたり抱き上げたりする行為が目立つようになった。道路周辺のウサギが車や自転車にひかれることもあり、休暇村は3年前から「うさぎからみんなへおねがい」と題した注意書きを島内やフェリー船内に掲示。「ウサギを追いかけない。抱っこしない」などと呼びかけてきた。

昨年末からは外国人客に対応し、従来の日本語と英語に加えて中国語と韓国語でも表記した看板を新たに12カ所設置した。

休暇村の門脇広和営業課長(46)は「ウサギは自転車にひかれたり、抱っこされて落ちたりするだけで骨折し、野生で生きられなくなる」と指摘。ビジターセンター自然解説員の馬場聖子さん(38)は「島はウサギを通じて、環境問題や自然を身近に感じられる貴重な場所。ルールを守って楽しんでほしい」と話す。(清水康志)

情報源: 広島「ウサギの島」観光客倍増 えさやり禁止を呼びかけ:朝日新聞デジタル

毒ガス工場の島だったんだがな。