容疑者の1人はインドネシアの北朝鮮大使館勤務か | NHKニュース

ふむ・・・


北朝鮮のキム・ジョンナム(金正男)氏が殺害された事件で、犯行を主導したとされる北朝鮮国籍の容疑者の1人について、インドネシアの情報機関が、ジャカルタにある大使館に勤務した外交官だったと見ていることがわかり、北朝鮮による国家ぐるみの組織的犯行との見方がさらに強まりそうです。

キム・ジョンナム氏が猛毒のVXで殺害された事件で、マレーシア警察は、すでに北朝鮮に帰国した北朝鮮国籍の4人の男が犯行を主導したと見て、身柄の引き渡しを求めています。

警察は、このうちオ・ジョンギル容疑者(55)について、ことし1月にインドネシアを訪れ、シティ・アイシャ被告に接触し、犯行を指示した疑いもあると見て調べています。

インドネシアの政府関係者は、NHKの取材に対し、インドネシアの情報機関がオ容疑者について、ジャカルタにある北朝鮮大使館で2等書記官として勤務した外交官だったと見ていることを明らかにしました。

オ容疑者と見られるこの2等書記官は、インドネシア語を流ちょうに話し、おととしまでジャカルタに勤務し、その後、カンボジアの北朝鮮大使館に異動したということです。

事件をめぐっては、マレーシアの警察が、クアラルンプールにある北朝鮮大使館の2等書記官が何らかの事情を知っていると見て事情聴取を求めているほか、韓国の情報機関も北朝鮮の外務省や秘密警察などに所属する人物が犯行に及んだと分析しています。

犯行を主導したとされる容疑者の1人が北朝鮮の外交官だった疑いが浮上したことで、ジョンナム氏の殺害は北朝鮮による国家ぐるみの組織的犯行との見方がさらに強まりそうです。

情報源: 容疑者の1人はインドネシアの北朝鮮大使館勤務か | NHKニュース

へぇ・・・