【海外発!Breaking News】カナダ・アルバータ州の町で水道水がピンクに いったい何が!? | Techinsight

えぇ・・・


エドモントンの郊外に位置する人口1000人余りのカナダ・アルバータ州オノウェイ。この小さな町で今月6日朝からしばらくの間、水道の蛇口から美しいピンク色の水が出て騒動になった。町長および水道局が地域住民に陳謝したことをcbc.caなどが報じているが…。

カナダのある町で「水道からピンクの水」騒動(出典:http://www.cbc.ca)

まさかのピンク色の水道水に町民のショックや不安は大きく、町の水道局にはクレームが続出。騒動から1日たった7日になって、やっとデール・クラスノウ町長がFacebookを通じて原因の説明と謝罪を行った。だが住民は今ひとつ納得していないもようだ。

混入していたのは、水道水から鉄分や硫化水素を取り除くために使用される「過マンガン酸カリウム」という化学消毒剤であるのこと。その浄水・ろ過システムの作業において一つの調整バルブが閉じず、過マンガン酸カリウムが貯水池に流れ込んでしまった。貯水池の水は廃棄されたが供給システムの中にすでに入り込んだ分はどうしようもなかったという。しかし町長は「健康被害は報告されてない」としている。

もっとも7日朝までそのピンク色の水は続いた。事前に知らされていれば水を汲み置きすることも可能であったことから、町民のほとんどが「役場は異変に気付いた段階で早急に発表するべきだった」と強い憤りを示している。過マンガン酸カリウムは塩素に似た強酸性で、皮膚に直接あたれば炎症を起こすという。

生命にとって欠かせない水。中国でもこうした騒動はたまに起きている。重慶市を流れる揚子江、そして浙江省温州市では東シナ海に流れ込む川の水が血液のような濃い紅色に染まったことがある。専門家は大雨による増水で鉄分を多く含む川底の赤い泥が原因ではないかとみているが、河川、地下水のほとんどが汚染されている今の中国においてそれを100%信じる者はいないようだ。

また原因がはっきりしているものとして、昨年9月にはバングラデシュのダッカで行われた「犠牲祭」の地獄絵図が話題となった。イスラム教の祝日「イード・アル=アドハー」のため生贄として殺された羊、ヤギ、牛、ラクダなどから流れ出た血液、それを流す大量の水で町は文字通り「血の川」と化したという。

出典:http://www.cbc.ca

情報源: 【海外発!Breaking News】カナダ・アルバータ州の町で水道水がピンクに いったい何が!? | Techinsight|海外セレブ、国内エンタメのオンリーワンをお届けするニュースサイト

マジかよ。