住宅に女子高校生の遺体 事故で死亡の大学生関与か | NHKニュース

えぇ・・・


10日夜、石川県能登町の住宅で、10日から行方不明になっていた高校1年の女子生徒が粘着テープで縛られて死亡しているのが見つかり、警察は殺人事件として、この2時間ほど前に交通事故に遭い、その後死亡した長野県の男子大学生が関わった疑いがあるとみて調べています。

10日午後10時前、石川県能登町宇加塚の住宅で若い女性が粘着テープで手を縛られて頭から血を流して死亡しているのを、この家を訪ねた警察官が見つけました。

警察によりますと、この2時間ほど前の午後7時40分ごろ、隣の穴水町の自動車専用道路で、路上にいた長野県の21歳の男子大学生が、車にはねられて意識不明の重体になる事故があり、乗って来たと見られる乗用車を手がかりに関係先を調べていたところ、女性を見つけたということです。
大学生は、その後、搬送先の病院で死亡しました。

警察のこれまでの調べで女性は、10日夜から行方が分からなくなっていた能登町に住む高校1年生の池下未沙さん(16)だと確認されました。体には刃物の様なものによる傷が複数あったということです。

池下さんは、10日午後6時半ごろ、母親の携帯電話に学校まで迎えに来てほしいと連絡し、母親が向かったところ、学校近くのバス停で、池下さんの携帯電話などが散乱していているのが見つかり、連絡も取れなくなったということです。

警察は池下さんが何者かに殺害されたとみて、交通事故で死亡した大学生が関わった疑いがあるとみて調べています。

SNSで情報提供呼びかけ

10日、池下未沙さんの行方が分からなくなったのを受けて、インターネットのフェイスブックやツイッターには、池下さんの顔写真が掲載されて情報の提供が呼びかけられていました。

情報源: 住宅に女子高校生の遺体 事故で死亡の大学生関与か | NHKニュース

ふむ・・・


コメントを残す