韓国大統領選の候補者 世論分裂の混乱収束できるか | NHKニュース

どうせ、反日と言う麻薬を使うんだろ。


韓国の憲法裁判所がパク・クネ(朴槿恵)大統領の弾劾は妥当だとする決定を言い渡し、60日以内に大統領選挙が行われることになり、世論が分裂する中で、候補者には、混乱を収束させることができるかどうかが問われることになりそうです。

韓国の憲法裁判所は、10日、一連の事件や疑惑をめぐり、パク・クネ大統領の弾劾は妥当だとする決定を言い渡し、パク氏は直ちに罷免されて失職しました。

その中で、憲法裁判所は、パク氏が、知人のチェ・スンシル(崔順実)被告が関わる2つの財団の設立を支援したのはチェ被告の私的な利益追求への関与にあたるとみなし、「大統領には憲法を守ろうとする意思が見られなかった」などと指摘しました。

憲法裁判所は、パク氏が賄賂を受け取ったかどうかなどには触れませんでしたが、特別検察官は、財閥から財団への資金拠出は贈賄にあたるとしています。

失職したことで、パク氏は、今後、逮捕・起訴される可能性がありますが、これまでのところ、今後の捜査を担うことになる検察は具体的な方針を明らかにしていません。

また、パク氏が失職したことで、60日以内に大統領選挙が行われることになり、中央選挙管理委員会では、事務所の設置などを許可をする「予備候補者」の登録の受け付けを開始するなど、選挙に向けた動きが本格化することになります。

10日夜、ソウル中心部の広場では、弾劾を歓迎する大規模な集会が開かれ、参加した人たちは「われわれは弾劾を勝ち取った」などと喜びの声をあげていたのに対し、不満を募らせたパク氏の支持者らは警察の機動隊と衝突し、死者が出るなど、国民の世論は分裂しています。

このため、大統領の候補者には、長引く混乱を収束させることができるかどうかが問われることになりそうです。

情報源: 韓国大統領選の候補者 世論分裂の混乱収束できるか | NHKニュース

アホラシ。