点滴異物混入 横浜市の対応めぐり検証委が提言案 | NHKニュース

内部犯だと思うんだがな・・・


横浜市の病院で点滴の薬剤に異物が混入され、患者2人が中毒死した事件で、この病院で相次いだトラブルをめぐる市の対応を検証している委員会は、市に対して、重大なトラブルを把握したときは速やかに対応することなどを求める提言案をまとめました。

去年9月、横浜市の「大口病院」で点滴の薬剤に異物が混入され、患者2人が死亡した事件では、事件前に看護師のエプロンが切り裂かれるなど複数のトラブルが相次ぎ、市はこれらを把握していたのに、適切な対応をとっていなかったことから、第三者委員会を設置して検証を進めてきました。

9日夜開かれた最後の会合で、市への提言案がまとまり、病院内のトラブル情報は、速やかに重要性を判断し、組織として共有することや、人の命や身体に危険が及ぶ重大なトラブルを把握したときは、定期的な立ち入りを待たず、速やかに対応することなどを求めることになりました。

今後、市議会の意見も踏まえて提言をまとめ、今月中に提出することにしています。

検証委員会の委員長を務める、横浜市医師会の根上茂治常任理事は「行政には、人の命に関わる情報が寄せられるという危機意識を持ってもらいたい」と話していました。

情報源: 点滴異物混入 横浜市の対応めぐり検証委が提言案 | NHKニュース

へぇ・・・


コメントを残す