ドイツ鉄道駅でおの使った襲撃、5人負傷 容疑者2人拘束

何が起きた・・・


© AFP 2017/ David Young

9日にSpiegelオンラインは、ドイツのデュッセルドルフ駅で斧を持った男性は人を襲い、7名に怪我を負わせた、と警察の関係者からの情報を元に報じた。

同氏は襲撃人の名前、動機や負傷者人数について詳細情報などを明かしていない。

記者は事件現場で血まみれで地面に倒れた人々を確認した。また、目撃者の証言にによると、犯人男性が斧を振り回し突然に人々に襲い掛かった。

地元警察は現時点でその情報を確認しておらず、事件の有無などについて詳細な情報がない

情報源:斧を持った男性はデュッセルドルフ駅で暴れ、7人の負傷者


ドイツ西部デュッセルドルフの中央駅で起きた襲撃事件の現場に規制線を張る警察(2017年3月9日撮影)。(c)AFP/dpa/Federico Gambarini

【3月10日 AFP】(更新、写真追加)ドイツ西部デュッセルドルフ(Duesseldorf)の中央駅で9日夜、おのを持った複数の人物が利用者らを襲い、5人前後が負傷した。地元警察がAFPに明らかにした。

警察は容疑者2人を拘束したものの、現場から逃亡した者がいる可能性があるとして警戒を呼び掛けている。

拘束された人物の身元や動機は明らかにされておらず、関与した襲撃犯の人数も不明。負傷者はいずれも命に別条はないという。

独紙ビルト(Bild)によると、事件を受け列車は運行を停止。現場上空には複数のヘリコプターが飛行し、周辺には警官隊が出動している。(c)AFP

情報源:ドイツ鉄道駅でおの使った襲撃、5人負傷 容疑者2人拘束 (AFP=時事) – Yahoo!ニュース

情報源: ドイツ鉄道駅でおの使った襲撃、5人負傷 容疑者2人拘束 写真10枚 国際ニュース:AFPBB News


いみが分からないよ・・・


コメントを残す