韓国憲法裁 大統領の「弾劾妥当」決定 | NHKニュース

ほぉ・・・


韓国のパク・クネ(朴槿恵)大統領と長年の知人らをめぐる一連の事件や疑惑で、憲法裁判所は、パク大統領の弾劾は妥当だとする決定を言い渡し、パク大統領は直ちに罷免されて失職し、60日以内に大統領選挙が実施されることになりました。韓国の大統領が罷免されたのは、初めてです。

韓国のパク・クネ大統領の弾劾が妥当かどうかを審理してきた憲法裁判所は、10日、大統領の弾劾は妥当だとする決定を言い渡し、パク大統領は直ちに罷免されて失職しました。決定の理由についてイ・ジョンミ(李貞美)所長代行は「パク大統領は、在任期間中、チェ被告の国政介入を一貫して否定し、チェ被告の私的な利益の追求に関与していた。そして、検察や特別検察官の調べに応じず、大統領府の捜索も認めないなど、憲法を守ろうとする意思がみられなかった」などと述べました。そのうえで、弾劾は妥当だと8人の裁判官全員が一致したと明らかにしました。

これによって、10日から60日以内に大統領選挙が実施されることになりました。韓国の大統領が罷免されたのはこれが初めてで、パク大統領は、10日中に大統領府から去ると見られます。

一連の事件をめぐって、検察は、パク大統領の長年の知人、チェ・スンシル(崔順実)被告について、大統領府の前の首席秘書官とともに企業に圧力をかけて、みずからが深く関わる2つの財団に、日本円にしておよそ76億円の資金を拠出させたとして、職権乱用の罪などで起訴しています。
そのうえで検察は、パク大統領自身も、財閥のトップに資金を拠出するよう直接働きかけたとして、チェ被告らと「相当な部分で共謀関係にあった」と判断しています。

また、政府から独立した立場で捜査にあたった特別検察官は、韓国最大の財閥サムスングループの事実上のトップを贈賄などの罪で起訴した事件でも、パク大統領がチェ被告と共謀関係にあったと結論づけています。

韓国の大統領は、在任中は刑事訴追されることはありませんが、パク大統領は罷免されたことで、今後、逮捕・起訴される可能性があります。

岸田外相「新政権でも協力進める」

岸田外務大臣は、記者団に対し、「韓国は、わが国と戦略的利益を共有する大切な隣国だ。北朝鮮問題などを考えて見ても、日本と韓国の協力と連携は、地域の平和と安定を考えても不可欠だ。韓国の内政そのものへのコメントは控えたいと思うが、新政権との間においても、様々な分野において協力を進めていかなければならない」と述べました。

中国メディアも速報

中国国営の中国中央テレビは、決定言い渡しを中継で速報しました。また、新華社通信も決定の直後に速報しました。中国は、自国の安全が脅かされるとして反対しているアメリカの最新の迎撃ミサイルシステム、THAADの韓国配備の行方に影響を及ぼすとして、配備を推進していたパク・クネ大統領の弾劾裁判に高い関心を示していました。

情報源: 韓国憲法裁 大統領の「弾劾妥当」決定 | NHKニュース

ふむ・・・


コメントを残す