ホテルの味を家庭に…「スジャータ」生みの親死去:朝日新聞デジタル

スジャータと言えば、あのCM。


コーヒー用クリーム「スジャータ」の生みの親、スジャータめいらく会長の日比孝吉(ひび・たかよし)さんが3日、老衰による心不全で死去した。88歳だった。葬儀は近親者で執り行った。喪主は長男の社長治雄(はるお)さん。後日、会社主催のお別れの会を開く。連絡先はめいらくグループ会長室(052・833・6699)。

1946年に名古屋市立第一工業学校を卒業。出身地の浜松市で行商や露天商をした後、48年にアイスキャンディーなどを売る個人商店「日吉屋」を名古屋市で開店。52年に乳製品メーカー、名古屋製酪を設けた。

2016年3月期のグループ企業の売上高の合計は1619億円。成長の原動力になったのが、1976年に発売した「褐色の恋人スジャータ」だ。

当時、家庭用のコーヒー用クリームは粉状が主流で、液状はホテルなどで使われる業務用が中心だった。「ホテルの味を家庭に届けたい」と自ら開発の指揮をとった新商品は、安さと手軽さで消費者に受け入れられロングセラーになった。

2001年に社長を後任に譲って会長に。13年に設立したグループの持ち株会社「スジャータめいらく」でも会長を務めた。今年1月に体調を崩すまで連日のように出勤し、経営を指揮していたという。(大日向寛文)

情報源: ホテルの味を家庭に…「スジャータ」生みの親死去:朝日新聞デジタル

ご冥福をお祈りいたします。