WBC 日本 豪州に勝ち2連勝 2次ラウンド進出に大きく前進

2連勝、あとは中国戦か。


野球のWBC=ワールド・ベースボール・クラシックで、日本は8日夜、東京ドームで行われたグループBの1次ラウンドの第2戦でオーストラリアと対戦し、4対1で勝って2連勝とし、2次ラウンド進出へ向けて大きく前進しました。

日本は、2回に先発の巨人、菅野智之投手がホームランを打たれて0対1と先制されました。その後、5回にソフトバンクの松田宣浩選手の犠牲フライで同点に追いつきました。そして7回に5番・日本ハムの中田翔選手のホームランで2対1と勝ち越し、8回には4番のDeNA、筒香嘉智選手が2日連続となるツーランホームランを打ち、4対1で勝ちました。日本はこれで2連勝とし、2次ラウンド進出に向けて大きく前進しました。

小久保監督「投手力で勝った」

日本の小久保裕紀監督は「きょうは投手力で勝った試合だった。先制されて苦しい展開だったがきょうのような投手陣の継投で勝っていかないと勝ち上がれないので、次の試合以降もきょうのような継投をやっていきたい」と話していました。

先発の菅野智之投手は、「いつもと違う雰囲気で緊張したが、最低限の役割は果たせたと思う。先制のホームランは打たれてしまったが、それ以降は自分のピッチングができた。チームの雰囲気もいいのでこの勢いで2次ラウンド、決勝ラウンドと進んでいきたい」と話していました。

4番筒香「打った瞬間に入ったと思った」

7回に貴重な勝ち越しホームランを打った5番の日本ハム、中田翔選手は、「先発の菅野投手が一生懸命投げていたので2点目は絶対に自分たちがとってやろうと思っていた。勝ち越しホームランを打てて気持ちよかった。この後も調子を上げて頑張っていきたい」とうれしそうに話していました。

また、8回に2日連続となるツーランホームランを打った4番のDeNA、筒香嘉智選手は「打った瞬間に入ったと思った。前の回で中田選手がホームランを打ったのでその流れに乗って打つことができた。自分たちの目指すところは世界一しかないのでそこへ向けて頑張りたい」と話していました。

情報源:WBC 日本 豪州に勝ち2連勝 2次ラウンド進出に大きく前進 | NHKニュース


「WBC・1次リーグB組、日本4-1オーストラリア」(8日、東京ドーム)

日本代表「侍ジャパン」が初戦のキューバ戦(7日)に続き2連勝で1次リーグ突破を濃厚にした。9日にオーストラリアが中国に勝てば2次リーグ進出が決定する。日本は10日に中国と戦う。

1-1の七回に中田(日本ハム)が左越えに勝ち越しソロ本塁打。八回は筒香(DeNA)が2試合連続本塁打となる右越え2ランを放った。

先発・菅野(巨人)は五回途中1失点。2番手・岡田(中日)がピンチをしのぎ、3番手・千賀(ソフトバンク)が六、七回を4奪三振無失点に抑えた。八回は宮西(日本ハム)、九回は牧田(西武)が完ぺきに抑えた。

侍ジャパンの小久保監督は、「苦しい試合だけど勝てて良かった。菅野が五回まで投げてくれ、今日は投手力で勝った。岡田のところも1死満塁のゲッツーで流れが来た。あとは中田、筒香のホームランがすべてです。(中田は)すばらしかった。ヒットは出てなかったが、練習から非常に状態が良かったのでそろそろかと思った。チームにとって大きい1本だった。(筒香は)昨日といい今日といい、ダメ押しの2ラン。さすが日本の4番。苦しい展開だったが、今日みたいな継投で勝っていかないと勝ち上がっていけない。(9日は)まずはゆっくり休みたい。(1次リーグ突破は)目指すところでないので、3戦目も緩めずにいきたい」と語った。

情報源:侍Jが2連勝、中田&筒香が一発 菅野が1失点、救援陣も好投/野球/デイリースポーツ online


野球の国・地域別対抗戦、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は8日、東京ドームで1次リーグB組の2試合が行われ、日本はオーストラリアに4-1で逆転勝ちして開幕2連勝を飾った。キューバは中国に6-0で快勝し、通算成績は1勝1敗。9日にオーストラリアが中国に勝つと、日本の2次リーグ進出が決まる。

日本は1-1の七回に中田(日本ハム)のソロで勝ち越すと八回に筒香(DeNA)の2ランでリードを広げた。先発の菅野(巨人)は五回途中まで1失点。その後は救援陣が踏ん張った。

キューバは毎回の14安打で主導権を握り、4投手で中国を1安打に抑えた。

情報源:WBC、日本逆転で2連勝/野球/デイリースポーツ online


WBC1次リーグB組(日本4-1豪州、8日、東京D)日本が空中戦で、豪州を破った。1-1の七回に5番・中田が左越えソロを放って勝ち越すと、八回は筒香が右越え2ラン。チームは開幕2連勝とし、1次リーグ突破へ大きく前進した。

日本は9日に試合がないが、同日の試合で豪州が中国に勝つと日本の2次リーグ進出が決まる。

七回、侍ジャパンの右の大砲が大きな仕事をやってのけた。先頭の中田が左越え本塁打を放ち、1点を勝ち越した。右腕ウィリアムズの初球を振り抜くと、高々と舞い上がった白球は左翼スタンドに飛び込んだ。前日のキューバ戦は無安打だったが、今大会初安打が大きな一発となった。

八回は左の主砲だ。筒香が2ランを放ち、4-1とリードを広げた。二死から青木が出塁すると、燃えた。2戦連発。内角球をうまく振りぬき、右翼ポール際へ運んだ。

日本は二回に菅野がソロアーチを浴びて先制されたが、五回に同点に追いついた。先頭の坂本勇が左翼線二塁打を放つと、続く鈴木が二塁内野安打。続く松田が左犠飛を放った。

先発の菅野は4回1/3を4安打1失点。2番手・岡田、3番手・千賀が得点を与えず、八回に登板した4番手・宮西も3者凡退に抑えた。九回は牧田が3者凡退で締めた。

情報源:日本が開幕2連勝! 中田が決勝ソロ&筒香が2ランで1次リーグ突破へ大前進 – 野球 – SANSPO.COM(サンスポ)


世界一奪還を目指す侍ジャパンは8日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)1次ラウンドB組第2戦に臨み、東京ドームでオーストラリアと対戦。1点を争う緊迫した展開の中、7回に飛び出した中田のWBC初アーチが決勝点となり4―1で開幕2連勝を飾り、1次ラウンド突破に大きく前進した。

日本は初回、山田、菊池の1、2番コンビが連打していきなり無死一、二塁のチャンスをつくったが、続く青木、筒香、中田のクリーンアップトリオから快音は聞かれず、絶好の先制チャンスを逃した。

そして迎えた2回、先発投手の菅野が2死走者なしから7番・デサンミゲルに右翼スタンド最前列へソロ本塁打を放り込まれ、先制を許した。菅野はこの回、先頭のケネリーを遊撃へのライナーに仕留めながら、この打球を遊撃手の坂本がグラブに当てながら後逸(記録は失策)して走者を出した。だが、続くウェルチを二塁への併殺打に斬って取り、2死走者なしとした直後の被弾。カウント1ボール2ストライクと追い込んでからの4球目スライダーが高めに浮いた球を弾き返された。

最少失点で好投する菅野のためにも援護点をあげたい打線だったが、初回途中から打者12人連続で凡打に終わり、試合は中盤へ。ようやく5回、先頭・坂本の左翼への二塁打と鈴木の内野安打で無死一、三塁としてから松田の左犠飛で同点。1―1とした。

日本がヒヤリとさせられたのはその裏だった。菅野が先頭のデサンミゲルに死球を与え、三振と内野安打で1死一、二塁。球数制限65球を超えたため、ここで菅野は降板となった。2番手で登板した岡田はカンディラスへの2球目が暴投となり、1死二、三塁とピンチが広がり、結局カンディラスに四球を与えて1死満塁。続くベレスフォードへも2球連続ボールと追い込まれた。だが、結局、二塁への併殺打に打ち取ってピンチ脱出。これでボルテージが急上昇した侍ジャパンに、6回には3番手・千賀が3三振を奪う力投でさらに勢いをつけた。

すると7回、先頭打者として打席に入った中田が左翼スタンドへ勝ち越しの1号ソロを放ち、日本は2―1と逆転。この回から登板したオーストラリアの3番手・ウィリアムズが投じた初球、真ん中に入ってきたスライダーを見逃さずに打った中田の自身WBC初となる一発で、ついにこの試合初めてのリードを奪った。

千賀はその裏も3者凡退と危なげない投球を披露。そして8回には2死走者なしから青木が四球を選ぶと、続く4番・筒香が2試合連続アーチとなる2ランを右翼スタンドに運んで4―1とリードを3点に広げた。そしてその裏は4番手・宮西が3人でピシャリ。9回は5番手・牧田が初戦に続いて締めくくった。

開幕2連勝スタートを切った侍ジャパン。1日の休養を挟み、10日は1次ラウンド第3戦となる中国戦(東京ドーム)に臨む。

情報源:中田翔は初球打ちV弾 侍ジャパン2連勝で1次R突破に大きく前進 – ライブドアニュース


ストレート勝ちで突破しよう。