北朝鮮 在日米軍に対する攻撃想定の訓練公表は異例 | NHKニュース

ふむ・・・


6日、弾道ミサイルを発射した北朝鮮は、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の立ち会いの下、「在日アメリカ軍基地を攻撃する任務を担う部隊が、弾道ミサイル4発を同時に発射する訓練を行った」と発表しました。北朝鮮が、在日アメリカ軍に対するミサイル攻撃を想定した訓練の実施を明らかにするのは異例です。

北朝鮮は6日午前、北西部ピョンアン(平安)北道のトンチャンリ(東倉里)付近から、日本海に向けて弾道ミサイル4発を発射し、このうち3発が、発射地点から東におよそ1000キロ離れた日本の排他的経済水域に落下しました。

これについて北朝鮮は7日、国営メディアを通じて、「在日アメリカ軍基地を攻撃する任務を担う砲兵部隊が、弾道ミサイルの発射訓練を行い、成功した」と発表しました。

訓練はキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長の立ち会いの下で行われ、4発の弾道ミサイルが同時に発射されたということです。

朝鮮労働党の機関紙「労働新聞」は、1面に発射の写真を掲載し、先のとがった細長いミサイル4発が、移動式の発射台から発射されたあと、オレンジ色の炎を吹き出しながら垂直に上昇し、等間隔で飛んでいく様子が写っています。

発表では「合同軍事演習を強行して核戦争の瀬戸際に追いやっている敵に対し、弾道ミサイルの集中攻撃で報復する意思が、砲兵部隊に沸き起こった」としていて、今月1日から合同軍事演習を行っている米韓両国をけん制しました。

訓練のあと、キム委員長は「精密化されたミサイルを次々と開発し、質、量ともに強化するための課題を示した」ということで、核・ミサイル開発をさらに推し進める姿勢を強調しました。

北朝鮮が、在日アメリカ軍に対するミサイル攻撃を想定した訓練の実施を明らかにするのは異例で、北朝鮮への対応をめぐる日米韓3か国の連携をけん制する狙いもありそうです。

韓国「スカッドER」の見方

北朝鮮が6日、弾道ミサイル4発を発射したことについて、韓国軍の合同参謀本部のノ・ジェチョン(魯在天)広報室長は、7日の記者会見で「発射されたミサイルは、スカッドの改良型と見られる」と述べ、射程が1000キロに達する中距離弾道ミサイルの「スカッドER」だという見方を示しました。

情報源: 北朝鮮 在日米軍に対する攻撃想定の訓練公表は異例 | NHKニュース

へぇ・・・