北朝鮮とマレーシア 互いに滞在者の出国認めず対立 | NHKニュース

ほぉ・・・


北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の兄、キム・ジョンナム(金正男)氏が殺害された事件をめぐって、北朝鮮外務省は7日、国内に滞在するマレーシア人の出国を一時的に認めないことを明らかにしました。これに対してマレーシア側は「事実上の人質だ」と強く反発して、国内にいるすべての北朝鮮国民の出国を禁止する対抗措置をとり、両国の対立がさらに激しくなっています。

北朝鮮外務省は7日、国営の朝鮮中央通信を通じて、国内に滞在するマレーシア人の出国を一時的に認めないと、ピョンヤンにあるマレーシア大使館に通告したと発表しました。

キム・ジョンナム氏が殺害された事件が公正に解決され、マレーシアにいる北朝鮮の外交官と国民の安全が完全に担保されるまでの措置だとしています。

北朝鮮としては、事件で警察の事情聴取の対象になっている自国民を、捜査を受けることなく出国させようという狙いがあるものと見られます。

ピョンヤンにあるマレーシア大使館の職員は、NHKの電話取材に「北朝鮮国内には大使館員とその家族、11人のマレーシア人がいるが、旅行者やビジネスマンはいない」と話しています。

マレーシアのナジブ首相は「わが国民を事実上の人質にとる、嫌悪すべき行為で、国際法や外交上の規範を無視したものだ」として、強く非難する声明を発表しました。
そのうえで、対抗措置として、北朝鮮にいるマレーシア人の安全が保証されるまで、マレーシアに滞在するすべての北朝鮮国民の出国を禁止するよう、警察長官に命じたことを明らかにしました。

事件をめぐって両国は、それぞれ相手国の大使を国外退去にしていますが、1国の政府が、外国の外交官や犯罪に関わった疑いのない外国人の出国を認めない措置をとるのは極めて異例で、両国の対立がさらに激しくなっています。

マレーシアの北朝鮮大使館に一時規制線

クアラルンプールにある北朝鮮大使館では、現地時間の正午ごろ(日本時間午後1時ごろ)、警察によって正面の門に規制線が張られたほか、車両を使って周辺の道路も封鎖され、人や車の出入りが厳しく制限されました。

こうした対応について、マレーシア内務省のジャズラン・モハメド副大臣は大使館前で報道陣の取材に応じ、「北朝鮮大使館の職員の人数と所在を把握するための対応で、彼らをここに足止めするよう命令が出ている。大使館の敷地の中はマレーシアに主権がないが、外はマレーシアの管轄だ」と説明しました。

その後、大使館の関係者が車で敷地の外に出ようとしましたが、規制線に阻まれたため、警察官に外出を認めるよう詰め寄る場面もあり、100人以上の報道陣が殺到する中、現場は一時、騒然とした雰囲気になりました。

結局、規制線は1時間余りで警察官によって取り除かれ、道路を封鎖していた車両も撤収し、その後は通常どおり大使館からの車や人の行き来や出入りができるようになっています。

情報源: 北朝鮮とマレーシア 互いに滞在者の出国認めず対立 | NHKニュース

ふむ・・・