ミサイル発射、北朝鮮で報道 「在日米軍攻撃の訓練」

ふむ・・・


安倍総理大臣は、6日に北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことを受けて、7日朝、アメリカのトランプ大統領と電話で会談し、北朝鮮の脅威は新たな段階に入ったという認識で一致しました。また、トランプ大統領は「アメリカは100%、日本と共にある」と述べたということです。

安倍総理大臣とアメリカのトランプ大統領は、6日に北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことを受けて、午前8時ごろからおよそ30分間、電話で会談しました。

この中で、両首脳は「北朝鮮のミサイル発射は、明確な国連安保理決議違反であり、地域や国際社会に対する明らかな挑戦である。その脅威は新たな段階になっている」という認識で一致しました。

また、トランプ大統領は「アメリカは100%、日本と共にある。自分の発言は、日本の国民の皆様にも紹介してもらいたい」と述べたということです。

安倍総理大臣は、会談のあと記者団に対し、「今後、日米、日米韓で緊密に連携し、対応していきたい。日本としても万全な態勢を取っていきたい」と述べました。

情報源:日米首脳が電話会談“北朝鮮の脅威は新たな段階に” | NHKニュース


北朝鮮は、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の立ち会いの下、「在日アメリカ軍を攻撃する任務を担う部隊が、弾道ミサイル4発を同時に発射する訓練を行った」と発表しました。北朝鮮が6日午前に日本海に向けて発射した弾道ミサイル4発を指していると見られます。

これは、北朝鮮が日本時間の7日午前6時半ごろ、国営の朝鮮中央通信を通じて発表したもので、それによりますと、「在日アメリカ軍基地を攻撃する任務を担う砲兵部隊が、弾道ミサイルの発射訓練を行った」ということです。

訓練は、キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長の立ち会いの下で行われ、4発の弾道ミサイルが同時に発射されたとしています。

そのうえで、「合同軍事演習を強行して情勢を核戦争の瀬戸際に追いやっている敵を弾道ミサイルの集中攻撃で報復する意思が、砲兵部隊に沸き起こった」として、今月1日から合同軍事演習を行っている米韓両国をけん制しました。

訓練のあと、キム委員長は「精密化されたミサイルを次々と開発し、質、量ともに強化するための課題を示した」ということで、核・ミサイル開発をさらに推し進める姿勢を強調しました。

訓練が行われた日時や場所は明らかにされていませんが、北朝鮮は6日午前、北西部ピョンアン(平安)北道のトンチャンリ(東倉里)付近から日本海に向けて弾道ミサイル4発を発射し、このうち3発が発射地点から東におよそ1000キロ離れた日本の排他的経済水域に落下していて、発表は、これらのミサイルを指していると見られます。

情報源:北朝鮮「在日米軍を攻撃する部隊がミサイル発射訓練」 | NHKニュース


安倍晋三首相とトランプ米大統領の電話協議が7日朝、始まった。北朝鮮が発射した弾道ミサイルを巡り、今後の対応を検討するものと見られる。

情報源:日米電話協議始まる 北朝鮮ミサイルで対応検討か  :日本経済新聞


【ソウル=山田健一】北朝鮮の朝鮮中央通信は7日午前、前日に日本海に向けて発射した4発の弾道ミサイルについて「在日米軍を攻撃する弾道ミサイル4発を同時に発射する訓練が実施され、成功した」と報じた。北朝鮮が弾道ミサイルの発射を巡り、攻撃目標が在日米軍だと明言するのは珍しい。

朝鮮中央通信によると、ミサイル発射には金正恩(キム・ジョンウン)委員長が立ち会った。同通信は「合同軍事演習を強行して朝鮮半島の平和の安定を破壊する敵を弾道ミサイルの集中攻撃で報復する意思が、砲兵部隊に高まった」と強調。1日に米韓両国が開始した定例の合同軍事演習をけん制したとみられる。

日本と韓国に駐留する米軍の存在に繰り返し触れることで、北朝鮮はトランプ米政権を直接交渉のテーブルにつかせる狙いがある可能性がある。

情報源:北朝鮮「在日米軍を攻撃する訓練に成功」 ミサイル同時発射  :日本経済新聞


安倍総理大臣は、6日に北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことを受けて、7日朝、アメリカのトランプ大統領と電話で会談しました。
この後、安倍総理大臣は総理大臣官邸で記者団に対し、「先ほど、トランプ大統領と電話会談を行い、今般の北朝鮮のミサイル発射は、明確な国連安保理決議違反であり、地域や国際社会に対する明らかな挑戦である。その脅威は新たな段階になっていると確認した」と述べました。

そのうえで、安倍総理大臣は「トランプ大統領からは、『米国は100%、日本とともにある』という発言があり、『自分の発言は、日本の国民の皆様にも紹介してもらいたい』ということだった。今後、日米、日米韓で緊密に連携し、対応していきたい。日本としても万全な態勢を取っていきたい」と述べました。

情報源:安倍首相がトランプ大統領と電話で会談 | NHKニュース


安倍晋三首相は7日午前、トランプ米大統領と電話で協議した。北朝鮮による弾道ミサイル発射を受けて日米の連携を確認し、今後の対応を話し合うとみられる。

情報源:北朝鮮ミサイル:日米首脳が電話協議 – 毎日新聞


【北京・西岡省二】北朝鮮国営の朝鮮中央通信は7日朝、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の立ち会いの下、「在日米軍を攻撃する弾道ミサイル4発を同時に発射する訓練が実施され、成功した」と発表した。

北朝鮮は6日午前、北西部の平安北道東倉里付近から日本海に向けて弾道ミサイル4発を発射しており、発表はこれらのミサイルを指しているとみられる。

情報源:北朝鮮:「在日米軍攻撃のミサイル発射訓練、成功」発表 – 毎日新聞


北朝鮮が6日に発射した4発の弾道ミサイルについて、アメリカ国防総省は、去年9月に日本の排他的経済水域に着弾した準中距離弾道ミサイル「スカッドER」の発射によく似ているとの見方を示しました。

これは、国防総省のデービス報道部長が記者団に明らかにしたもので、「発射されたのは準中距離弾道ミサイルとみている」としたうえで、「飛行ルートや距離が去年9月に日本の排他的経済水域に着弾した3発のミサイルによく似ている」と述べました。

去年9月5日に、北朝鮮は射程1000キロの「スカッドER」とみられるミサイル3発を発射しています。

また、デービス部長は「複数のミサイルの発射を探知し、4発が着弾したのを確認した」と述べ、発射されたミサイルの数について明言を避ける一方で、「ICBM=大陸間弾道ミサイルの発射はなかった」と強調しました。(07日07:56)

情報源:北朝鮮ミサイルは「スカッドER」か News i – TBSの動画ニュースサイト


北朝鮮が6日に弾道ミサイル4発を日本海に向けて発射したことについて、朝鮮中央通信は7日、有事の際に在日米軍基地への攻撃を担う朝鮮人民軍戦略軍火星砲兵部隊の訓練だったと報じた。金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長も指導し、訓練は成功したと伝えた。

北朝鮮は、1日に始まった米韓合同軍事演習への反発を強めている。在日米軍を攻撃対象と示すことで、日本を牽制(けんせい)するねらいもあるとみられる。

朝鮮中央通信によると、訓練は核弾頭の取り扱いと迅速な作戦遂行能力を判定するために行われ、4発が同時に発射されたとした。金正恩氏は訓練の成功を評価し、ミサイル攻撃の戦法の完成度をさらに高めるとともに、ミサイル開発を続け、質量ともに強化していくよう指示したという。

また「(金正恩氏は米国と韓国が北朝鮮に対し)ただ一点の火花でも散らすなら、核弾頭を装塡(そうてん)した火星砲で侵略と挑発の本拠地を焦土化する決死の覚悟を固くした」とし、米韓合同軍事演習に警告した。

北朝鮮は6日、弾道ミサイル4発を発射し、3発は日本の排他的経済水域(EEZ)内、1発がEEZ付近に落下した。(ソウル=東岡徹)

情報源: ミサイル発射、北朝鮮で報道 「在日米軍攻撃の訓練」:朝日新聞デジタル


どうなることやら・・・