「在日米軍基地狙った訓練行った」 北朝鮮メディア

ふむ・・・


【ワシントン=共同】米国防総省のデービス報道部長は6日、北朝鮮のミサイル発射について、米軍が「複数回の発射を探知し、4発が日本海に落ちたのを確認した」と述べた。把握した発射回数は明言せず、4発の他にも発射があった可能性を示唆した。NBCテレビは、国防総省当局者2人の話として実際には5発あり、1発は打ち上げに失敗したと報じた。

デービス氏は記者団に対し「大陸間弾道ミサイル(ICBM)ではなかった」とした上で「中距離弾道ミサイルと判断している」と説明した。

北朝鮮が米軍と韓国軍の合同訓練の時期に合わせて挑発行為をしてきた経緯があるとし、今回のミサイル発射には、米韓両軍が1日に始めた合同野外機動訓練「フォールイーグル」への反発を示す狙いがあるとの見方を示した。「とても深刻な脅威だ。同盟国と団結する」と述べ、日本や韓国との連帯を強調した。

情報源:北朝鮮ミサイル、実際は5発と米報道 中距離か  :日本経済新聞


北朝鮮は、日本時間の7日午前6時半すぎ、国営メディアを通じて、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の立ち会いの下、「在日アメリカ軍を攻撃する弾道ミサイル4発を同時に発射する訓練が行われ、成功した」と発表しました。北朝鮮が6日午前、日本海に向けて発射した弾道ミサイル4発を指していると見られます。

北朝鮮は、日本時間の7日午前6時半ごろ、国営の朝鮮中央通信を通じて、キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長の立ち会いの下、「在日アメリカ軍を攻撃する弾道ミサイル4発を同時に発射する訓練が行われ、成功した」と発表しました。

そして、「合同軍事演習を強行して朝鮮半島の平和と安定を破壊する敵を、弾道ミサイルの集中攻撃で報復する意思が、砲兵部隊に沸き起こった」として、今月1日から合同軍事演習を行っている米韓両国をけん制しました。

北朝鮮は6日午前、北西部ピョンアン(平安)北道のトンチャンリ(東倉里)付近から、日本海に向けて弾道ミサイル4発を発射し、このうち3発が、発射地点から東におよそ1000キロ離れた日本の排他的経済水域に落下していて、発表は、これらのミサイルを指していると見られます。

情報源:北朝鮮「在日米軍攻撃する弾道ミサイル発射訓練に成功」 | NHKニュース


政府は、北朝鮮が発射した弾道ミサイルについて、複数の種類の可能性があると見ており、安倍総理大臣は、7日、アメリカのトランプ大統領と電話で会談し、今後の対応を協議することにしています。

政府は、日本の排他的経済水域の中に複数のミサイルが落下したと見られることから、危機感を強めており、アメリカと連携し、国連安全保障理事会で非難決議を採択することも含め、各国に厳格な対応を働きかける方針です。

政府は、北朝鮮が6日、4発の弾道ミサイルをほぼ同時に発射し、このうち3発が秋田県西方の日本のEEZ=排他的経済水域の中に落下したと見られることから、NSC=国家安全保障会議の閣僚会合を3回開いて情報を共有するとともに、今後の対応を協議しました。

安倍総理大臣は6日夜、記者団に対し、「さらなる挑発の可能性も十分考えられる。米国や韓国など関係国と緊密に連携し、高度な警戒監視体制を維持し、万全の体制を取るよう指示した」と述べました。

政府は、ミサイルが到達した高度や飛距離などについて、アメリカや韓国などと情報を共有しながら分析を進めており、政府関係者によりますと、中距離弾道ミサイル・ノドンの改良型を含む複数の種類を発射した可能性があると見られるということです。

また、今回も、事前に発射の兆候がつかみやすい液体燃料ではなく、固体燃料を使ったミサイルだった可能性が高いということで、安倍総理大臣は7日、アメリカのトランプ大統領と電話で会談し、今後の対応を協議することにしています。

政府は、去年9月に続いて、日本の排他的経済水域の中に複数のミサイルが落下したと見られることから、危機感を強めており、アメリカと連携し、国連安全保障理事会で非難決議を行うことも含め、各国に厳格な対応を取るよう働きかけるとともに、新たな迎撃システムの導入を含めて、ミサイル防衛の体制強化を進めることにしています。

情報源:“弾道ミサイル 複数の種類の可能性” 日米首脳 対応協議へ | NHKニュース


【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は7日、前日の弾道ミサイル発射が在日米軍基地を狙った訓練だったと伝えた。

同通信によると、在日米軍基地の打撃任務を遂行する北朝鮮部隊は「弾道ロケット(ミサイル)」発射訓練を行った。訓練は前日に北西部の平安北道・東倉里付近から弾道ミサイル4発を発射したことを指すとみられる。

通信は「今回の弾道ロケット発射訓練は速やかな作戦遂行能力をチェックするために行われた。有事の際に日本に駐屯する米帝侵略軍基地を打撃する任務を担う朝鮮人民軍戦略軍火星砲兵部隊が参加した」と報じた。

金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が現場で訓練を指導したという。

情報源:弾道ミサイル発射「在日米軍基地狙った訓練」=北朝鮮メディア


【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は7日、在日米軍基地の打撃任務を遂行する部隊が参加した中、弾道ミサイル訓練を行ったと伝えた。訓練は前日に北西部の平安北道・東倉里付近から弾道ミサイル4発を発射したことを指すとみられる。

情報源:「在日米軍基地狙った訓練行った」 北朝鮮メディア


在日米軍がターゲットなら、沖縄狙えばいいのに。