首相 北朝鮮がさらなる挑発行動のおそれ 警戒堅持を指示 | NHKニュース

ふむ・・・


安倍総理大臣は、北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことを受けて開かれた3回目となるNSC=国家安全保障会議の閣僚会合のあと、記者団に対し、北朝鮮がさらなる挑発行動に出るおそれがあるとして、高度な警戒監視体制を堅持するよう指示したことを明らかにしました。

政府は、北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことを受けて、総理大臣官邸で6日午後8時半すぎから、6日、3回目となるNSC=国家安全保障会議の閣僚会合を開き、安倍総理大臣をはじめ、麻生副総理兼財務大臣、岸田外務大臣、稲田防衛大臣らが出席しました。

このあと、安倍総理大臣は記者団に対し、「これまでの状況について確認した。北朝鮮は新型のミサイルの発射を示唆しており、さらなる挑発の可能性も十分考えられる」と述べました。

そのうえで、安倍総理大臣は「米国と韓国など、関係国と緊密に連係し、いかなる事態になっても国民の生命・財産を守るべく、高度な警戒監視体制を維持し、万全の体制を取るよう指示した」と述べました。

政府関係者によりますと、閣僚会合では、今回のように4発のミサイルが同時に発射された場合でも迎撃できるよう対応を検討していくとともに、北朝鮮が、さらに弾道ミサイルを発射する可能性は否定できないとして、関係府省庁が連携して警戒体制を取ることを確認したということです。

情報源: 首相 北朝鮮がさらなる挑発行動のおそれ 警戒堅持を指示 | NHKニュース

まぁ、警戒は当然だな。