ヘリ墜落 新たに発見の6人 いずれも心肺停止 | NHKニュース

やっぱり駄目だったか。


5日に長野県の松本市と岡谷市の境界にある山に、山岳遭難の救助訓練をしていた9人乗りの県の防災ヘリコプターが墜落し、3人が死亡した事故で、6日、新たに墜落した機体の中から発見された6人は、いずれも心肺停止の状態だということです。警察などは、今後、松本市内の病院に搬送することにしています。

5日午後3時すぎ、長野県の松本市と岡谷市の境界にある、標高およそ1900メートルの鉢伏山に、山岳遭難の救助訓練をしていた9人乗りの県の防災ヘリコプターが墜落し、3人が死亡しました。

警察によりますと、死亡した3人は、いずれも長野県消防防災航空隊に所属するパイロットで松本市に住む岩田正滋さん(56)、消防隊員で松本市に住む伊熊直人さん(35)、消防隊員で上田市に住む甲田道昭さん(40)です。

警察や消防、それに自衛隊は、6日朝から残る6人の救助活動を進めていました。その結果、6日午前8時ごろ、墜落した機体の中から新たに6人が発見され、いずれも心肺停止の状態だということです。警察などは、今後、松本市内の病院に搬送することにしています。

県によりますと、墜落したのはベル412EP型のヘリコプターで、これまでに山岳遭難や山火事などで多数出動していて、先月、300時間の飛行ごとに法律に基づいて行われた点検では異常はなかったということです。

情報源: ヘリ墜落 新たに発見の6人 いずれも心肺停止 | NHKニュース

ご冥福をお祈りいたします。