北朝鮮、日本海に向け弾道ミサイル発射 飛距離1千キロ

またかよ。


北朝鮮が弾道ミサイル4発発射 排他的経済水域に3発落下か


韓国軍合同参謀本部は6日、北朝鮮が同日午前7時36分ごろ、北西部の平安北道(ピョンアンプクト)東倉里(トンチャンリ)から日本海に向かって弾道ミサイル数発を発射したと発表した。飛距離は約1千キロという。米韓がミサイルの種類などについて分析を続けている。北朝鮮は2月12日、新型の中長距離弾道ミサイル「北極星2」を発射している。

北朝鮮は今月1日から始まった米韓合同軍事演習に反発しており、朝鮮労働党の機関紙「労働新聞」(電子版)は3日付の記事で、「新型の戦略兵器」の発射を示唆していた。(ソウル=東岡徹)

日本政府高官は6日朝、北朝鮮がミサイルとみられる飛翔(ひしょう)体を発射したとの情報を得ていると記者団に明かした。

防衛省は、6日午前7時34分ごろ、北朝鮮西岸より4発の弾道ミサイルが発射され、そのうち3発が日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下した模様、と発表した。

これを受け、稲田防衛相は「引き続き、情報収集・警戒監視に万全を期せ」との指示を出した。

情報源:北朝鮮、日本海に向け弾道ミサイル発射 飛距離1千キロ:朝日新聞デジタル


◇菅官房長官が発表

菅義偉官房長官は6日午前、「北朝鮮が6日、弾道ミサイルを4発発射し、我が国の排他的経済水域に3発落下した」と発表した。【デジタル報道センター】

情報源:<北朝鮮ミサイル>4発発射、排他的経済水域に3発落下  (毎日新聞) – Yahoo!ニュース


韓国軍合同参謀本部によると、6日午前7時36分ごろ(日本時間同)、北朝鮮北西部の東倉里付近から日本海へ向けて飛翔(ひしょう)体が発射された。弾道ミサイルの可能性がある。

東倉里には長距離弾道ミサイルを発射する能力のある「西海衛星発射場」がある。

韓国と周辺海域では今月1日から定例の米韓合同機動訓練「フォールイーグル」が始まっており、これをけん制する目的で弾道ミサイルを発射した可能性がある。

北朝鮮の朝鮮人民軍総参謀部は2日、米韓合同訓練に「超強硬対応措置によって立ち向かう」との報道官談話を発表していた。

北朝鮮は2月12日にも北西部亀城から東方向に弾道ミサイルを発射、約500キロ飛行し日本海に落下した。固体燃料エンジンを使った可能性がある新型中距離弾道ミサイルとみられている。(共同)

情報源:北朝鮮が日本海へ飛翔体発射、弾道ミサイルか – 社会 : 日刊スポーツ


韓国軍は、北朝鮮が日本時間の6日7時半ごろ、北西部から日本海に向けて何らかの飛しょう体を発射したと発表し、詳しい情報の収集を急ぐとともに追加の発射がないか警戒と監視を強化しています。韓国の公共放送KBSは、発射された飛しょう体が複数だったと伝えました。

韓国軍の合同参謀本部によりますと、北朝鮮が日本時間の6日7時36分ごろ、北西部・ピョンアン(平安)北道のトンチャンリ(東倉里)付近から、日本海に向けて何らかの飛しょう体を発射したということです。

発射された飛しょう体の種類などは分かっていませんが、韓国軍は飛距離や弾道などについて、詳しい情報の収集を急ぐとともに追加の発射がないか、警戒と監視を強化しています。

一方、韓国の公共放送KBSは、先ほど韓国軍の関係者の話として、発射された飛しょう体は複数だったと伝えました。

北朝鮮は、先月12日、同じ北西部のピョンアン北道のクソン付近から日本海に向けて、新型の中距離弾道ミサイル1発を発射し、ミサイルは、高度550キロまで上昇し、発射地点から東に500キロ余り離れた日本海に落下しました。
また、今月1日からアメリカ軍と韓国軍の定例の合同軍事演習が韓国で始まったことを受けて、北朝鮮は、新しい弾道ミサイルを発射する可能性を示唆していて、米韓両軍が警戒と監視を強化していました。

弾道ミサイル4発発射

菅官房長官は、午前8時50すぎから記者会見し「午前7時34分頃北朝鮮西岸から弾道ミサイルが4発発射され、わが国の排他的経済水域に3発落下した」と述べました。

政府は、総理大臣官邸の危機管理センターに設置している「北朝鮮情勢に関する官邸対策室」で情報の収集と分析を進めるとともに、関係省庁の局長級による会議を開き、今後の対応を協議することにしています。

北朝鮮がミサイルと見られるものを発射したという情報を受けて、海上保安庁は、午前8時に航行警報を出して付近を航行する船舶に対して注意するよう呼びかけています。また落下物を発見した場合には近づかないで、海上保安庁に通報するよう呼びかけています。

情報源:北朝鮮が日本海に向け飛しょう体発射 弾道ミサイルか | NHKニュース


【ソウル時事】韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は日本時間6日午前7時36分ごろ、北西部・東倉里付近から日本海に向け、飛しょう体を発射した。弾道ミサイルとみられる。

聯合ニュースは、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の可能性があると報じた。韓国軍は、種類や飛距離などを分析している。(2017/03/06-08:22)

情報源:北朝鮮、弾道ミサイル発射か=ICBMの可能性:時事ドットコム


【ソウル=桜井紀雄】6日の日本時間午前7時36分ごろ、北朝鮮北西部、平安北道(ピョンアンプクト)東倉里(トンチャンリ)付近から日本海に向け、飛翔(ひしょう)体が発射された。韓国軍合同参謀本部が明らかにした。弾道ミサイルとみられる。

開発中の大陸間弾道ミサイル(ICBM)を含む新型ミサイルの可能性もあるとみて、米韓当局が分析を急いでいる。

米韓軍は1日から韓国や周辺海域で合同軍事訓練を実施。これに反発し、北朝鮮は2日、「超強硬対応措置で立ち向かう」と軍事的挑発の可能性を示唆していた。

北朝鮮は2月12日に新型中距離弾道ミサイル「北極星2」の試射を行っていた。

情報源:【北ミサイル】午前7時36分ごろ、日本海に向け弾道ミサイル発射か 米韓演習に「超強硬措置」 – 産経ニュース


 韓国軍によると、6日午前7時36分ごろ(日本時間同)、北朝鮮北西部の東倉里付近から日本海へ向け、飛翔体が発射された。弾道ミサイルの可能性がある。(共同)

情報源: 北朝鮮:弾道ミサイル発射か 東倉里付近から日本海へ – 毎日新聞


順調に飛距離、延びてねぇか?


「北朝鮮、日本海に向け弾道ミサイル発射 飛距離1千キロ」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。