WADA、コーヒーをドーピング認定へ?

マジかよ。


2018年、カフェインが世界反ドーピング機関(WADA)の禁止リストに入る可能性がある。連邦医療・生物学機関長のウラジーミル・ウイバ氏が記者団に次のように述べた。

WADAのウェイティングリストには例えば、カフェインが入っている。もしカフェインが禁止リストに入れば、私たちは単に、コーヒーや他のカフェイン含有食品、医薬品を用いないよう推奨せざるを得なくなるだろう。今のところリストには入っていないが、今年にもリストに入ることは、理論上あり得る。」

WADAは毎年禁止薬物リストを更新している。2015年にはリストにメルドニウムが追加され、連邦医療・生物学機関は同薬剤の薬物動態学的研究に着手した。

情報源: WADA、コーヒーをドーピング認定へ?

ほぉ・・・