サーバーに不正アクセスした容疑 高校生3人を書類送検:朝日新聞デジタル

自分もアカウントを乗っ取られたことが一度あった。


人気のゲーム「マインクラフト」で知り合った熊本県の中学生のIDやパスワードを使ってサーバーに接続したなどとして、熊本県警は2日、札幌市などの高校生3人を不正アクセス禁止法違反などの疑いで書類送検し、発表した。

このゲームは、ブロックを積み上げて建物や家具などをつくる。無料で遊べるが、一定以上の遊び方では、外部サーバーなどの利用のため有料契約が必要。

発表によると、札幌市の少年(19)と宮城県富谷市の少年(15)は2015年4月1日、熊本県の中学生のIDとパスワードで都内の業者が管理するサーバーに不正にアクセスし、複数の有料契約を結んだ疑いがある。相模原市の少年(16)はIDとパスワードをインターネット電話「スカイプ」上で公開した疑いがある。

被害者の中学生が有料登録の代行を札幌市の少年らに頼んでIDなどを伝えており、少年らが勝手に467万円分の契約を結んでいた。少年らは「中学生の頼み方が気にくわなかった」と話しているという。(板倉大地)

情報源: サーバーに不正アクセスした容疑 高校生3人を書類送検:朝日新聞デジタル

Minecraftから、不正アクセスの恐れがあるという通知が来て知ったんだがな。ユーザー名も変更されていて、調べたらなんか素行が良くないようなユーザーだったっぽい。野良サーバーで何度も垢BANされているらしいユーザー名だった。

幸いMinecraft側の機能で、復旧は簡単にできたからよかったけど。