佐川急便 新たに8営業所で身代わり出頭 44人書類送検 | NHKニュース

ハァ・・・


宅配便大手、佐川急便の運転手が駐車違反で検挙された際に知り合いなどに身代わり出頭させていた事件で、これまで明らかになった東京営業所以外の8つの営業所でも身代わり出頭が確認されたとして、警視庁は新たに正社員24人を含む44人を書類送検しました。これまでに、逮捕または書類送検されたのは、合わせて106人に上りました。

新たに書類送検されたのは、佐川急便の城北営業所や渋谷営業所など8つの営業所に所属する、正社員24人やその家族ら合わせて44人です。

警視庁の調べによりますと、去年1月から8月にかけて運転手が配送中に駐車違反で検挙された際、家族や知り合いなどに頼み身代わり出頭させた犯人隠避教唆などの疑いが持たれています。

警視庁は、これまでの捜査で東京営業所で身代わり出頭が常態化していたことから、東京23区を管轄する残りの31の営業所を対象に捜査を進めた結果、このうち8つの営業所で21件の身代わり出頭が確認されたということです。

書類送検された社員は、免許の点数が減るのが嫌だったとか、運転できなくなると仕事が回らなくなり、係の評価が下がるなどと話しているということです。

最初に判明した東京営業所を含め身代わり出頭に関連して逮捕または書類送検されたのは、合わせて106人に上りました。

佐川急便「再発防止策を検討」

佐川急便は「社外調査委員会において、原因究明と実行性のある再発防止策を検討していきます。今後、同様の事案が発生しないよう全社一丸となり、再発防止に取り組むとともに、従業員教育の徹底を図っていきます」と話しています。

国交省が警告 再発防止求める

佐川急便が駐車違反の身代わり出頭をさせていた事件を受け、国土交通省は去年11月、営業所に立ち入り監査を行い、先月、佐川急便に対し、指導監督が不適切だとして文書で警告し、再発防止策を報告するよう求めました。

情報源: 佐川急便 新たに8営業所で身代わり出頭 44人書類送検 | NHKニュース

バカだなぁ・・・