森友学園の小学校 “認可を条件付き延期” 大阪府 選択肢検討 | NHKニュース

ふむ・・・


大阪・豊中市の国有地の売却問題で、学校法人「森友学園」が計画している小学校の開校を認可するかどうかについて、大阪府が学校の財務状況や敷地内のごみの処理状況への懸念などから、認可を条件付きで延期することを選択肢に、検討に入ったことが関係者への取材で明らかになりました。

大阪・豊中市の国有地を、鑑定価格の14%で購入した大阪の学校法人、森友学園が、この土地で来月、開校を計画している小学校については、専門家で作る大阪府の審議会が認可すべきかどうか議論を続けています。

審議会の委員からは、学校の財務状況への懸念から安定した学校運営ができるのか疑問視する意見が相次いでいるほか、大阪府の松井知事は、敷地内から見つかったごみについて、「撤去できなければ、子どもの健康被害のリスクがあり、学校環境としてふさわしくない」という考えを示しています。

大阪府が、こうした現状を踏まえ、これらの問題を解決するという条件付きで、認可を延期することを選択肢に対応の検討に入ったことが関係者への取材で明らかになりました。

認可するかどうかは、審議会の意見を基に教育長が決めることになっていて、大阪府は今月下旬に開かれる審議会を踏まえ、最終的な判断をすることにしています。

情報源: 森友学園の小学校 “認可を条件付き延期” 大阪府 選択肢検討 | NHKニュース

へぇ?