6歳子役、未明までドラマ撮影 WOWOWが謝罪

ふむ・・・


WOWOWが今年1月、ドラマ「東京すみっこごはん」の撮影で、出演者の子役の女児(6)を撮影のため未明まで働かせていたとして、1日付で公式ホームページ上に謝罪文を掲載した。

同社によると、撮影は1月20日正午~翌21日午前2時と、同日正午~翌22日午前5時に実施。いずれも午後8時で終える予定だったが、撮影が遅れたため現場の判断で延長したという。13歳未満の午後8時以降の労働や長時間労働は、労働基準法で禁止されている。

同社広報部は「問題があるとわかっていたが、作品の成立に意識が向いてしまった」としつつ、「子役とは直接の雇用関係がないので労基法違反ではないと認識している」と説明している。保護者には謝罪したという。撮影はすでに終了、5月に放送予定だったが「放送は検討中」という。

情報源: 6歳子役、未明までドラマ撮影 WOWOWが謝罪:朝日新聞デジタル


5月放送のWOWOWドラマ「東京すみっこごはん」の撮影現場で、法令に違反する子役の就労時間オーバーが相次いでいたことが、「週刊文春」の取材により明らかとなった。

問題の撮影は1月21日、東京・練馬区の東映東京撮影所で行われた。夜を徹した長時間撮影を強いられたのは、NHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」や「砂の塔」(TBS系)に出演した“天才子役”稲垣来泉(くるみ・6)だ。

この日、稲垣は昼12時入り。撮影は朝5時まで17時間続けられた。監督の三島有紀子氏(47)は稲垣の演技に納得がいかず、深夜3時過ぎからダメ出しを繰り返し、数十回にわたる撮り直しを強行。プロデューサーの森井輝氏(43)も現場にいながら撮影を中断しなかった。稲垣は同行していた母親に抱き付き、肩を震わせて泣き始めたという。この前日も稲垣は深夜2時まで14時間に及ぶ撮影をさせられていた。労働基準法では満13歳未満の年少者の20時から午前5時までの就労を禁止している。

WOWOWと制作会社ROBOTは連名で書面回答。事実関係を認めた。撮影現場の模様は、3月2日(木)発売の「週刊文春」で詳しく報じる。

(「週刊文春」編集部)

情報源:WOWOWドラマで天才子役が号泣した徹夜の“違法撮影” | 文春オンライン


2017年3月1日の文春オンラインに掲載された、弊社ドラマ「東京すみっこごはん」に関する記事「WOWOWドラマで天才子役が号泣した徹夜の”違法撮影”」につきましてご説明させていただきます。

1月20日正午から翌日午前2時まで、また同月21日正午から翌日午前5時まで撮影が行われ、この間、出演者である稲垣来泉さんが、待機時間や仮眠時間を含めて、撮影現場や付近の待機場所にいたことは事実です。
いわゆる子役については、児童の健康等への配慮から、午後8時以降撮影しない、また長時間に及ぶ撮影は行わないという方針であたってまいりましたが、同日の撮影スケジュールに遅れが生じたため、現場の判断でこのような事態に至りました。

稲垣来泉さん、保護者様に改めて深くお詫び申し上げます。また視聴者の皆様からの信頼を傷つけたことを深くお詫び申し上げます。
このような事態が生じたことを、当社は非常に重く受け止めております。皆様からの信頼を取り戻すべく、今後二度とこのような事態が生じないよう、徹底した対応を取る所存です。

連続ドラマW 東京すみっこごはん|WOWOW

情報源:3月1日付 文春オンラインの記事について | WOWOW CORPORATE INFORMATION


ほぉ・・・