ジョンナム氏殺害 女2人起訴へ 毒物の認識焦点に | NHKニュース

ふむ・・・


北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の兄、キム・ジョンナム(金正男)氏がマレーシアで殺害された事件で、マレーシアの司法当局は1日、実行犯として拘束されている女2人を殺人の罪で起訴する方針で、裁判では顔に塗りつけた液体を毒物と認識していたのかが焦点となります。

キム・ジョンナム氏は先月13日、クアラルンプールの国際空港で女2人に顔に液体を塗られたあと体調が急変して死亡し、マレーシアの警察は猛毒のVXで殺害されたと断定しています。

マレーシアのアパンディ司法長官は28日、実行犯として拘束しているベトナム人のドアン・ティ・フオン容疑者(28)とインドネシア人のシティ・アイシャ容疑者(25)の2人を1日に殺人の罪で起訴することを明らかにしました。

2人はこれまでに、「男からいたずらビデオへの出演を頼まれた」などと話し、使用した液体が毒物だということは知らなかったと主張しています。しかし、現地の司法当局は事件のあと手を洗うよう指示されていたことなどから、毒物を使った認識があったと判断したものと見られます。

一方、マレーシアの警察幹部は素手で液体に直接触れた女に重い中毒症状が出なかったことについて、「解毒剤を使った可能性もある」と述べ、対策を講じていた可能性にも言及しています。

裁判では、女2人がキム・ジョンナム氏に塗りつけた液体を毒物と認識していたのかが焦点となります。

フオン容疑者とは

ベトナム人のドアン・ティ・フオン容疑者(28)は実行犯の1人として先月15日に拘束されました。
フオン容疑者は事件の数日前から空港近くのホテルを転々とし、前日には部屋で髪を切っていたと見られることがホテルの従業員の証言でわかっています。
警察は、事件当日の先月13日、フオン容疑者がジョンナム氏の顔に素手で猛毒のVXガスを塗りつけたとしています。
フオン容疑者は事件の2日後に事件現場のクアラルンプール国際空港の第2ターミナルに戻り、その場で警察に拘束されました。
現地のベトナム大使館の職員が先週面会した際に、フオン容疑者は「コメディービデオの撮影に参加したと思っていた。利用された」と話していたということです。
一方で警察は、フオン容疑者はキム・ジョンナム氏に毒物を塗りつけたあとトイレで手を洗っていたことから、フオン容疑者は毒物だと認識していたと見ています。
ベトナム北部の自宅でNHKの取材に応じたフオン容疑者の父親は、「娘はとてももの静かな子で事件を起こすなんて信じられない」と話しています。
裁判では、フオン容疑者がジョンナム氏を殺害する計画をあらかじめ知っていたのかが争われることになります。

シティ容疑者とは

インドネシア人のシティ・アイシャ容疑者(25)は、キム・ジョンナム氏の顔に液体を塗りつけた実行犯の1人とされています。
地元メディアによりますと、シティ容疑者は事件後も逃走することなく、クアラルンプール市内のホテルに滞在し、事件から3日後の先月16日、警察に拘束されました。
警察は、シティ容疑者とベトナム人の2人の女が、事件直後にトイレに駆け込み手を洗っていることから、ジョンナム氏に塗った液体が毒物だと知りながら犯行に及んだと見ています。
一方、シティ容疑者に面会したインドネシア大使館の職員によりますと、シティ容疑者は、男からいたずら番組に出演するよう頼まれたと説明し、「こんなことになるとは思っていなかった」と話しているということです。
地元メディアは、事件前日の先月(2月)12日にクアラルンプール市内のレストランで行われたシティ容疑者の誕生日パーティーの映像を伝えています。
パーティーでは友人が「女優になるのね。どんな女優?」と話しかけ、シティ容疑者がにこやかにほほえむ姿が映っています。
シティ容疑者をめぐっては、インドネシアのカラ副大統領も「彼女はだまされた被害者だ」と述べるなど、インドネシア国内ではシティ容疑者の救済を求める声も上がっています。
裁判では、シティ容疑者らがジョンナム氏を殺害する計画をあらかじめ知っていたのかが争われるものと見られます。

情報源: ジョンナム氏殺害 女2人起訴へ 毒物の認識焦点に | NHKニュース

ハァ・・・