スタジアム住民と行政意見交換 – NHK 広島 NEWS WEB

旧市民球場跡地にサッカー専用スタジアムでいいじゃない。


広島市での新しいサッカースタジアムをめぐって28日夜、有力な候補地となっている中区の中央公園の地元住民と県や市の担当者による意見交換会が開かれ、行政側がことし夏をメドに具体的な位置やコストを示し、絞り込みを進めると説明したのに対し、住民側からは建設ありきの進め方は納得出来ないといった声が相次ぎました。

広島市の新しいサッカースタジアムをめぐっては、旧広島市民球場跡地と広島みなと公園、それに中央公園が候補地となっていて、28日夜は県や市などが有力な候補地とする中央公園の地元の集会所で自治会長らおよそ30人が出席して意見交換会が開かれました。

この中で市の担当者は、スタジアムが広島の新たなシンボルとなり、まちの活性化につながるとした上で、ことし夏をメドに具体的な位置やコストを示し、他の候補地と比較して絞り込みを進めると説明しました。

これに対し、住民側からは、地区のまちづくりと合致する方向性が見えないとか、幅広い年齢層が利用する憩いの場をなくさないでほしいなどと建設ありきの進め方は納得出来ないといった声が相次ぎました。

会のあと、住民側の代表を務める徳弘親利さんは、「建設の反対は住民の総意だ。しっかり検討してもらった上で市長からも話を聞きたい」と話していました。

情報源: スタジアム住民と行政意見交換 – NHK 広島 NEWS WEB

陸上のトラックを付けようなんて考えなければいいだろ。