大阪市と朝鮮学園が和解、半世紀無償使用の市有地明け渡し訴訟 – 産経WEST

和解・・・?


大阪市東成区の中大阪朝鮮初級学校が、半世紀にわたり無償使用している市有地をめぐり、市が運営する学校法人「大阪朝鮮学園」に土地の明け渡しなどを求めた訴訟は28日、学園側が市有地を買い取ることなどで大阪地裁(絹川泰毅裁判長)で和解が成立した。

市によると、学園側が約5千平方メートルの市有地を3億4200万円で購入し、平成25年1月から今年3月末までの土地使用料として約2千万円を支払う内容。裁判所が和解勧告していた。

この土地をめぐっては、市が昭和36年、無償で学園に提供する覚書を交わし、学園は校舎を建設。平成21年に土地の買い取りなど有償化が協議されたが、合意に至らずに市が提訴していた。

情報源: 大阪市と朝鮮学園が和解、半世紀無償使用の市有地明け渡し訴訟 – 産経WEST

えっと、未払い金は何億円ですっけ?